9/9(金)

行程

市営あだたら高原野営場〜彼女の家

さて、彼女の家まで微妙な距離でした。
彼女との予定がある12日まで余裕もあったのですが、
これまで本州に来てから一部台風の影響もあるとはいえひたすら走ってきたわけですし、
今日もひたすら走って彼女の家まで行くことにしました。
あと、どうやらフリースをなくしてしまったようです。
青森から下ってくるときには着ていて、途中暑くなって脱いだのですが、
朝、探しても見当たりませんでした。
AIGLEの、カタログ見て取り寄せてもらったお気に入りのやつで、
実際高かったのですが、バイク乗り始めた冬からずっと着ているし、
(鹿児島で仕事しているときは一冬通して着てましたf^^;
 まぁ、その頃の私の生活と言ったら家と職場往復するだけだったのですけどね)
元は取ってるからいいか、とあきらめました。

さて、ルートの検討を要します。
ここから西へ山を越えると会津若松になりますが、
そちらは北海道へ北上するときに、日光から北上する形で通っています。
そのルートは省くとして、会津若松に出てから、
国道252号で只見、魚沼を経由して長野へ入るルートと、
このまま4号を南下して関東経由にて長野へ入るルートが考えられたのですが、
国道252経由で行くことにしました。
おそらく、会津若松から日光、いろは坂登ってロマンチック街道経由が最短でしょうけれども、
やっぱり、出来るだけ違う道を走ってみたいと言うことで。

昨日、晩御飯なしだったこともありご飯のことを考えます。
来た道を二本松市街へ戻ると、ファミリーマートがそう遠くないことは分かっていたのですが、
これから目指すルートも温泉地だからコンビニぐらいあるだろう、と走ります。
するとコンビにはなかったのですが、道の駅「つちゆロードパーク」があり、
そちらで天ぷらうどんを食べました。
私はハーレーやアメリカンは全く詳しくないのですが、
タンク容量も小さく、ハンドルも運転しにくそうにカスタムされたアメリカンが、
エンジンかけるのにすごい苦労していました。
「ビューエルに乗りたいけど、あれってハーレーだからなぁ」と言う、
青森の薬研野営場での人の言葉が思い出されました。
そこから土湯峠と言う峠を越えるのですが、
よくある例で峠はトンネルになっているようです。
しかし、こちらは珍しく旧道も「磐梯吾妻スカイライン」に接続してることもあってか、
通行可能なようなのでこちらを通ってみました。
さすがに道幅等狭かったのですが、「磐梯吾妻スカイライン」の入り口らしきところに、
「日本の道百選」と大きく看板があり、こちらも再度来たときに通ること決定です。
しかし、工事中にて一部通行止め、ともあり気になるところでした。

さて、峠を抜けると国道115から国道49、252へと抜けます。
会津磐梯山の眺めが良かったり、猪苗代湖の湖畔を通ったり、
野口英世記念館の文字が見えたりしましたが、
すべて、また来るから!と言う感じです。景色はもちろん堪能しましたが・・・
で、国道252号線なのですが、すごい道でした。
途中「この先、魔のカーブ!」と言う感じの看板があり、
おお、魔のカーブってどんなんだ?と楽しみにしていたのですが、
トンネルか覆道か、それは少し覚えていないんですが、
まっすぐ走ってくると、その暗いところが途切れ、外界に出ます。
そこから直角にまたトンネルだったか、覆道が始まっているのです。
直角カーブの、カーブのところだけ明るく、他は暗いと言う・・・
そのカーブの先も壁等あるわけではなく、柵があるだけだったので、
確かにそこは魔のカーブ、事故が多そうでした。
他もそこまでひどくはないにしても、そこに象徴されるような、
狭かったりカーブが急だったり・・・でした。
まぁそれでもさすがに国道なんで、林道と言うまではありません。
それと驚くのが平行して鉄道も走っていることですね。
これまで北海道にて散々、廃線の歴史、を見てきたものですから・・・
地図上でみると、只見線、となっていますが、
駅によってダイヤ見て来ればよかったな、と少し後悔してます。
どれだけ本数があるのか知りたいって事ですが・・・

途中、「歳時記念館」と言うところに二階が食堂だったので、
そちらで「比内鶏そば」というのを食べましたが、これは美味しかったです。
で、その駐車場に隼の方がいたので挨拶。
互いに違う方から来たようで(新潟ナンバーで、塔のへつりに行くとのことでした)
工事中が多いことを教えてもらいました。
私も「こっちも多かったですよ」と言い、実際多かったと思うのですが、
比べて言うなら、これから走るルートの方が多かったかと思います(^^;)
で、その脇にJパワーという電力開発関連の会社の展示館があったので、
食休みがてら見学してみました。
なんでも、国道252号に沿って流れる只見川水系は日本有数のダムが多いところだそうで・・・
もしかしたら数で一番だったかもしれません。
何かで一番だったと思うのですが、貯水水量とか発電ワット量とか、
いろいろあると思うのでそのうち一つと言うことで。
で、そこの道路脇にも只見ダムだったかな?ありました。
そこからかなり急なワインディングになり、
登った先には「田子倉ダム」があったのですが、
ダムの高さを見られそうなところは工事中にて入れませんでした。

そして国道252号から新潟へ、国道17号へと入ります。
途中工事が多かったのはやはり中越地震の影響もあるのでしょうか?
街中へ入り、コンビニで休憩していると、壮年の方に話しかけられ、
いろいろ話をしたのですが、この方も昔は旅人だったらしく・・・
「札幌駅はテント張るのがめんどくさい奴らの寝袋で、マグロの競市前みたいだったやろ?」と言われましたが、
札幌駅には行っていないので分かりません・・・そうなんでしょうか?
そして、国道17号を南下します。
この17号もかなりの道で・・・
二桁国道だけあって道幅等は全く問題ないのですが、
山へ入るところがかなりのヘアピンカーブの連続でした。
かなり無理して道通したんだろうなぁ、と言う感じ。
途中から工事中やトンネルが多くなります。
三国峠の辺りではサルも見かけました。
そのくらい山奥と言うわけで・・・
で、遅い車もいる訳でそこはバイクの機動性活かして車を引き離し、
一人で走っていたのですが、追いかけてくるトラックが・・・
あおられていると言うほど接近している訳ではないのですが、
トラックの割には離れないでぴったり付いてきます。
途中、県道に入ったので付いてこなくなりましたが、
さすがに大型車両に後ろに付かれるとちょっと怖いものがあります。
抜かせればよかったのでしょうが、引き離そうと走ってるうちに機を逸しました。
そうして入った県道から別の国道に乗って長野へのルートへ。
彼女の家に着いたのは夜の七時半くらいでした。
彼女とは一ヶ月ぶりの再会です。
変なこと書くと怒られるので止めておきます(笑)

本日の走行距離

382.4km

本日の宿

彼女の家

本日の家計簿

道の駅つちゆロードパーク天ぷらうどん500円
歳時記念館比内鶏そば900円
ENEOS18.8L 147円/L2,763円
セブンイレブン休憩軽食356円


9/8へ戻る 目次へ戻る 9/10へ進む