10/10(月)

行程

フレアイランド尾崎岬〜気仙沼市内〜巨釜半造〜広田崎〜黒崎仙峡〜碁石岬〜フレアイランド尾崎岬

今日も朝から管理棟へ行ってキャンプ代の支払い。
昨日と同じ管理人さんで「昨日はお風呂入ったの?」と聞かれましたが、
入ってません・・・私の思い過ごしだったようです(^^;)
それからテントを張ってる場所の事言われましたが、
それはちゃんと別の管理人さんに了解貰っていると説明。
すると、私のテントからカラスがごみを引っ張り出そうとしていたどうのこうの・・・
で、入れ込んでおいたから、とのことで、それは「すみません」と言って退散します。
出発の前に、近くにある神社?に寄ってみました。
大黒天と恵比寿天が鎮座していますが、特に関連する由緒等はないようで、
商売繁盛、大漁祈願のために作られた物のようです。

靴下の替えがなくなっていて、昨日気仙沼市にコインランドリーを発見していたので、
まずはそちらへ行きました。大船渡市内には乾燥専門のところしかみあたらなかったのですが、
今日キャンプ場まで帰る時に、すごく分かりやすい場所にちゃんとありました(^^;)
何で発見できなかったのかな?と思うくらい分かりやすい場所で・・・
まぁ、もう終わった後なので、いいと言えばいいのですが。
コインランドリーに着く前からかなりトイレに行きたかったのですが、
そのコインランドリーにはトイレがなかったので、
斜め前のセブンイレブンまで走って行ってトイレへ。
何も買わずに出るのは気が引けるので、
ガムがなくなっていたこともあり、買いました。
それから洗濯をしつつ、日記のアップロードをしました。

終わったら昨日いけなかった、唐桑半島の「巨釜半造」を見に行きます。
「巨釜」とは、沖合いから見ると、まるで大きなお釜でお湯が見えたぎっているように見えるから、
「半造」は昔から海産資源が豊富で「繁盛」と呼ばれていたのがそうなったとか、
まぁ海辺の名勝地ですね。
走っていると、後ろからマスツーリングの一団が迫ってきました。
先頭から2台目がTWらしかったので、まぁ余裕だろ、と普通に走っていると、
これが結構迫ってきます(^^;)
ま、考えてみたらTWだってどんなに遅いといったって、120km/hぐらいは出るでしょうし、
公道を普通に走っていたら、そりゃ追いつかれもしますね(^^;)
まぁ、ちょっとペース上げたら何とか引き離せたみたいで。
で、「巨釜半造」に行く前に、その近くの「漁火パーク」と言うところへ。
ちょっと高台にあるところにて、景色も眺められたと思うのですが、
写真とっていないので、おそらく大したことは無かったのでしょう(^^;)
それと、徒歩で登るようなところもあったような気がしますが、それは行ってません。
ゴーカートのサーキットみたいなところもありましたが、一台も走っておらず、
老人ホーム?の皆さんが屋外昼食会をしてらっしゃいました。
私は普通にレストランで「漁火定食」なるものを食べてから、
「巨釜半造」に行って見ます。

こういうところがあって、並び方が面白いな、と思いつつ・・・
これが町のシンボル「折石」。高さ16m、幅3mの大理石だそうで、
明治29年の三陸大津波の際、先端が2mほど折れたことからそう呼ばれているんだそうですが、
ならばそれまではなんと呼ばれていたのか?と気になるところです。
ちなみに、石がこういう風に一本立っているのは確かにすごいのですが、
見下ろす感じになっているので、迫力はあまり無かったような(^^;)
そこからは「半造」に遊歩道を歩いて行ってみました。
途中の風景から。その1その2
道を息を切らせて歩いていくと、普通に車道に合流。
「巨釜」で会った家族連れが車でやってきたりして、ちょっと恥ずかしかったり(^^;)
で、その「半造」の方にはあまり何も無かったのですが、
一つ、見所と言えばエビス岩。遊歩道は人っ子一人いないところにて、
別に確認を取ったわけではないのですが、確かにエビス様に見えるので、
これがエビス岩だと思います。
それから、また遊歩道を歩いて戻ります。
「巨釜」の駐車場にはこのような、前九年の役関連の看板が立っていました。

そこから北上し、半島を抜けて大理石海岸と言うところへ。
国道45号を北上するのですが、45号から脇道に入るところはちゃんと案内があったものの、
そこからは案内が無かったので、ちょっと周辺をうろうろすることになりました。
着いてみると、名前とは裏腹に寂れたところのようで、
駐車場もあまり広くありませんでした。
人はちょっといたんですけどね。
40代ぐらいの夫婦かな?旦那さんが奥さん&風景の写真を撮っており・・・
別に話をしたとかではないのですが、なんだか気持ちは良く分かるような気がしました。
例えば、私も彼女と来ていたら自分の写真を彼女に撮ってもらおうとは思いませんが、
彼女の写真は撮りたいと思いますしね。
まぁ、強いて言うなら一枚ぐらいは記念に一緒に写ってもいいかな?ぐらいで。
仲いいご夫婦なんだろうなぁ、とうらやましく思ったことでした。

さて、それはさておき、こちらが大理石海岸の説明板
ちょっと字が小さいかな?とも思うのでポイントを説明すると・・・
「近くの鍾乳洞で縄文土器発見」「東京日本橋三越本店正面玄関左右ライオンの台座は当地産といわれる」
「切り出し工事も行われていたが、運搬船の接岸が容易でなく中断」
「近くの石灰採掘跡が湾内の景観を損ねたと言う理由で、近辺が国立公園に指定された際もここは除外された」
ぐらいでしょうか?しかし、大理石と言う物はどれくらい価値があるものなんでしょうか?
湾内にある岩はこのように、全体的に白っぽく、
近くで見ると、本当に我々が大理石として見ているものに近い岩肌であることが分かります。
ちなみに、ここが現在国立公園であるかどうかはちょっと分かりません(^^;)

それからまた国道45号を北上。
来た時に、「隕石落下地」とか言う小さな看板を発見していたのですが、
それはぜひ見なければなるまい!と思って、注意しながら走っていました。
で、無事発見。国道をちょっと脇道にそれた、お寺の庭先にありました。
隕石落下の地の碑
左に説明碑みたいなのが建っていますが、当然これの写真も撮ったのですが、
別に写真でなくとも達筆の上にかすれており、判読しにくい物でした。
「日本最大の隕石」とか「村人が少しずつ砕いて持ち帰った」とか、
「現在は国立科学博物館所蔵」とか書いてあったような気がします。
なんだか、お寺の箔付けのために建てられた碑のような感じもあり、
そのものはとても興味深いのですが、それだけになおさら残念でもありました。

そこから陸前高田市街へ。
先日のジンギスカンに味を占めて、フライパンを買おうかな?と、
100円ショップに行ってみます。長野で一人暮らしを始めたときに買っていたのですが、
キャンプ中にそんな本格的な調理をすることもないかと思い、置いてきていたのです(^^;)
まぁ100円ぐらいなら買いなおしたっていいだろうと来てみたのですが、
あいにくここに100円のフライパンはありませんでした。
直火に掛けられるステーキ皿みたいなものはあったのですが、
まぁ、それはいいかとキャンセル。
そんなに大きな街でも無い様で、街道沿いに見つけた100円ショップはそこだけでしたので、
とりあえず諦めて先に進みます。
そうそう、道の駅には「千昌夫のふるさと」とか書いてあったような・・・
また、近くに「高田松原」と言う松原があって、
日本百景だの、東北十景だの、まぁいろいろ指定を受けてるのですが、
(碑の裏に、指定の状況一覧がありました)
だいたい私は松原の良さというのがあまりよく分からないんですよね(^^;)
日本三大松原も、虹ノ松原とか行ったことありますが、
全然なにも思わなかったし(^^;)
と言うわけで、ここの写真もたいしたこと無いと思うのでアップしません(^^;)

そこあたりでもう午後4時近くだったので、あとは駆け足でした(^^;)
国道を外れて、黒崎仙峡と言うところへ。
ツーリングマップルに「V字の岩の割れ目がすごい」とありましたが、
ここのことかな?と思いつつ、先まで歩きます。
で、その先端からの風景
そこから急いで「碁石海岸」の方へと。
その名の通り、碁石のような石が拾える海岸らしいのですが、
駐車場みたいなところで停まってみると、そちらは「碁石岬」のようで、
海岸はもう通り過ぎてしまったようでした。
もう遅かったので、海岸はいいか、と諦め、ヘルメットも脱がずに岬のほうへ。
岬には、付き物の灯台があり、その先にはちょっとした展望台があったのですが、
ご覧の通り、家族かな?大人数の一集団が占領している状態なので行きませんでした(^^;)
で、戻るときに東屋があるのですが、寝られそうだな〜、と思ってちょっと見てみると、
なぜかパッと見では分からない屋根の中に何か木の彫り物が。
なぜあんなところに?と思いながらVFRの所へ戻ってみると、
何かVFRの後方に立ってメモしている人がいました。
「なに?警察?」と思ったのですが、ロングリアフェンダに書いてあるURLをメモしてたようで(^^;)
少し話をし、挨拶してから出発します。

で、あとは帰るだけだったのですが、
米が切れていたという大問題があり、買わなければなりませんでした。
まぁ、買うだけならともかく、どうやって運ぶかと言う問題もあります。
とりあえず、サンデーと言うホームセンターと、
デイリーポートと言うスーパーが隣接しているので、
サンデーの方でフライパンを物色。
100円に比べたら高いですが、安い物があったのでまぁいいか、と購入。
で、今度はデイリーポートに行って米を物色・・・
2kgぐらいの物があれば、と思っていたのですが、
あいにくと5kgの物しかなく、まぁ何とかなるさ、と思って5kgの物を購入。
あとはやっぱりジンギスカン肉とかもやしとかビールを購入しました。
で、どうやって積むか・・・とりあえず、左のパニアケースには、
ウエストバッグに薬とかデジカメとかの小物類を入れているので、
ウエストバッグを出して身に付け、そこに買い物した物を入れます。
私は、ライディング中になにか身に着けていると落ち着かないので、
バイクに乗るときはバッグ類は出来るだけ身に着けません。
で、フライパンはメット袋に入れてそれはしょうがないので肩からかけます。
そしたらちゃんと問題なく運べるようです。さすがVFR!
で、キャンプ場に帰り、米を早めに消費したいと言うことで、
今日は、いつもは2袋のところを3袋炊きました。
で、晩御飯はジンギスカン!やっぱ、フライパンだと違いますね。
こないだ、100円のアルミ鍋でやったらちょっと焦げ付いたような感じもあったので(^^;)

(この日記は2006/2/12に書きました)

本日の走行距離

139.4km

本日の宿

フレアイランド尾崎岬(四泊目)

本日の家計簿

フレアイランド尾崎岬キャンプ代500円
ローソン朝食330円
コインランドリー洗濯、乾燥代700円
セブンイレブンキシリトールガムボトル819円
シェル18.76L 138.9円/L2,735円
漁火パーク漁火定食2,000円
seria(100円ショップ)コーラ105円
サンデーフライパン397円
デイリーポート米、食料3,303円


10/9へ戻る 目次へ戻る 10/11へ進む