10/8(土)

行程

フレアイランド尾崎岬〜夏虫のお湯っこ〜鉄の歴史館〜フレアイランド尾崎岬

今日は天気が微妙だったので朝はゆっくりでした。
起きてキャンプ場を散策していると、管理棟のほうに人影が見えたので、
料金を支払いにそちらの方へ。
事務室内に人が三人いました。で、私は「昨日遅く着いたので申し込みも何もしてない」と言うのですが、
向うは「昨日の管理人には言ってあるの?」と言う・・・どうも話がかみ合わないな、と思いつつ、
ふと「ここは夜も管理人さんがいるんですか?」と聞いてみると、
24時間常駐とのことでした。そんなキャンプ場あるんだ・・・と少しビックリ。
昨晩の分と、今日も泊まるとのことで二泊分の料金払おうと思ったのですが、
管理側の処理が面倒になるらしく、今晩の一泊分だけでいいとのことでした。
それでテント張ってある場所を言って「そこでいいですか?」と聞いてみると、
まぁ人も少ないし好きなところで、とのことでした。

11時過ぎてから活動開始。なんだかおなかが減っていたので、
コンビニでポテチとか買って駐車場で食べてました(^^;)
岩手県は政治家の小沢一郎の本拠地。ポスターがたくさん目に付きました。
今日は天気の事もあるので南にある海沿いの景勝地は後回しにして、
温泉と、釜石市の鉄の歴史館に行って見ることにします。
国道45号に出て北上開始。ここあたりは平行して自動車専用道が無料供給中だったのですが、
そのせいか休日だからか分かりませんが、二桁国道にもかかわらず恐ろしいぐらいに車がいませんでした。
途中から脇道にそれるのですが、案内の看板がちゃんと出ていたので迷わずにすみました。
ちょっと走って夏虫のお湯っこに到着。
夏虫と言うのは地名で、お湯っこというのはお風呂の方言でしょうか。
温泉ではなく沸かし湯だったようですが、それなりにキレイなところでした。
入浴を済ませてコーラを飲みながらスポーツ新聞を読んで休憩。
テレビでメジャーリーグのポストシーズンゲームをやっていたような・・・
休憩終わって出ようとしたところで、りんごが結構安いのに気づいて朝食代わりに買いました。

元の国道に戻って北上します。
国道はトンネルを使って比較的まっすぐ北上しているのですが、
県道が三陸の入り組んだ海岸線に沿う形で走っているので、
その県道250号を走ろうと思っていましたが、
分岐点から少し走ったところに、「鹿肉丼」の中井ドライブイン、との表示がツーリングマップルに載っていて、
食べたくもあり、金は使いたくなし、迷いながらも行って見たのですが、
閉まっているようで落胆ながらも一安心して、県道250号を走ります。
結構、途中までは普通の道でそれなりに普通に走ることが出来ます。
途中、下に集落があるとの事で行って見ました。
千歳漁港
写真は海側を背にして陸側を撮ったものですが、海すぐ崖、と言うのに、
「なるほど、これが三陸の海岸か」と思ったりもしたものでした。
港にこんな松島もあったりして、景勝地みたいだな、と。
見終わって集落から県道へ戻ります。その道もらしい急な坂でして。
そうそう、千歳は読みが「ちとせ」ではなく、「せんざい」と読むんだそうです。
県道の標識板に載っていてビックリ。
おいおい紹介していきたいと思いますが、ここあたりは日本語離れした地名が多いです。
一発ではまず読めないような。やはりアイヌ語関係?と思いつつ走ります。
それから道が結構悪くなってきまして・・・
悪いだけならまだともかく、道に杉の葉とか散乱してまして・・・
通る人もいないのかな?という道でした。
海が近いはずなのに海はほとんど見えず、所々に少し見えると言う感じでした。
その分、海が見えたときは結構感動的でもありました。
垣間見える海その一その二

走っていると、今度は大石という集落の案内板が出てきて、
同時に伊能忠敬関連の何かがあるとか・・・
ちょっと迷ったのですが、さっきの集落も行ったんだし、
伊能忠敬という付加価値があるなら行ってみるべきだな、と思ってGO。
大石漁港
もうあんまり覚えてないので(^^;)書きながらの感想ですが、
やっぱり海すぐ崖だったり、入り口の見えない入り江は三陸らしいな、と。
目的の伊能忠敬関連の碑はすぐ見つかったのですが、その先にも何か碑があったので行ってみました。
こちらは当地で長いこと小学校だったかの校長先生を勤められた方の顕彰碑。
地元の漁師さんかな?原チャのおっちゃんが「こんなものに興味あるんだ、偉いね」と言いながら通り過ぎます。
バケツに魚のアラが入っていたのか少し血糊が見え、漁港らしいなぁ、と。
それから「伊能忠敬海上引縄測量之地」の碑へ。こちらがその説明です。
そしてまた海のすぐそばのはずなのに森林の中を走ります。
ここあたりの人は漁業も林業も生業に出来ていいなぁ、とか思いながら。
また海はほぼ見えず、少し見えた海
鹿肉丼があるから当然と言えば当然ですが、一回鹿を見かけ、
ハンター向けの注意の看板もあるなど鹿の生息地のようでした。
酷い道を走ってやっと国道まで戻ります。
国道を北上してすぐまた海沿いを走る県道249号があるのですが、
250号で疲れたのもあって、また時間もちょっとおしていたのでまたの機会に、ということで、
今度は国道を素直に北上していきました。
釜石に入ってくると大きな観音様が見えます。
その姿を見ながら鉄の歴史館へ。
駐車場に入ってビックリ、ひょうっこりひょうたん島の歌碑が。
何でかな?と思ったものの特に説明はありませんでした。
で、ここより北に「吉里吉里」と言う地名があり、
井上ひさし関連で「吉里吉里人」と言うのがあったな、と思って、
(そのときは遠藤周作の弧狸庵見たいな雅号かと思っていましたが、
調べてみると小説のタイトルのようです)
ここあたりの出身なのかな?と思っていましたがそれも違うようです(^^;)
結局なぜあるかは良く分かりません。
歴史館の方は結構駆け足で見たということもあるのですが、
あまり面白くなかったかな。
歴史館と言うからには私は古代からの製鉄の歴史、特に日本刀の歴史を知りたかったのですが、
それはほぼ端折られていて、釜石で製鉄が始まった頃からの釜石での歴史がメインだったので・・・
まぁしょうがないかな。

それから急いで・・・確か自動車専用道を使ったかと・・・戻って、
県道9号に入ってからスーパーにてお買い物。
蔵王の猿倉で「ラム肉は生でも食える」とあったので、
ジンギスカン肉を買ってきて、ジンギスカンをしてみました。
もやしと肉だけだったんですが、結構いけました(^^)

本日の走行距離

119.6km

本日の宿

フレアイランド尾崎岬(二泊目)

本日の家計簿

キャンプ場内自販機コーヒー120円
フレアイランド尾崎岬キャンプ代500円
ローソンブランチ672円
ENEOS20.45L 138円/L2,963円
夏虫のお湯っこ入湯料300円
上記内自販機コーラ120円
上記内物品販売所りんご350円
鉄の歴史館入館料500円
デイリーポート(スーパー)晩御飯材料931円


10/7へ戻る 目次へ戻る 10/9へ進む