11/25(金)

行程

彼女の家(休養日)

今日は彼女がお休みでした。
朝はゆっくりして、昼ごろから活動開始。
レッドバロンで先日注文した部品が来る予定だったので、
とりあえずVFRを預けに行って、同時に彼女も車でレッドバロンまで来て貰って、
彼女の車にて地元まで戻ります。
VFRは担当者の方がいなかったのですが、「明日でもいいですから」とのことでお願いします。
途中のマックにてブランチを。彼女のおごりでした。
で、映画を見に行こうと言う予定だったのですが、
少し時間があったので、彼女が車のオイル交換をしたいと言うことでオートバックスへ。
すると、サービスピットがあいてなかったようで、作業開始の時間が映画とかぶりそうだったので、
映画の終了時間を見計らって、予約を入れました。
それからジャスコに行ってお買い物。
映画鑑賞の間のおやつを買うためですが、持ち込み禁止かもしれないので、
彼女のバッグに入るぐらいの量を吟味。
彼女が買うそぶりを見せないので「買わなくていいの?」と聞くと、
「おなかすいてないからいい」と。それで、あーだこうだ言いながら選んでいると、
「あっそうか、映画の間のおやつか」とのたまう彼女・・・(笑)
何言ってるんだか・・・・(笑)

で、見た映画は・・・機動戦士Zガンダム粁人たち、です(笑)
どうだろう・・・監督の富野由悠季氏はこういう、
TVでやったものの総集編作りがとても上手い、と言う評を聞いたことがありますが、
あまり、カタルシスの得られない内容だったかな、と。
10年くらい前にコンビニでバイトしていたときに、Zガンダムの好きな先輩がいて、
つまり私はZガンダム世代ではないし、本編を見たことも無いのですが・・・
(もっとも、大体の内容は知ってます)
前作の「星を継ぐ者」もやっぱり彼女と一緒に見に行って、
アッシマーが土煙?あげながら驀進するシーンはとてもよかったと思いますが、
あんまりそういう心に残るシーンもなかったような。
面白くない、ということではないんですが・・・
個人的には中盤になってありえない展開(褒め言葉)をしだした
「交響詩篇エウレカセブン」の方に注目しています。
彼女にビデオずっととってもらっていたのです・・・
ヲタクってことバレバレですけど・・・(笑)
富士急ハイランドの時の写真ですでにばれてるからいいか、と(笑)

それはそうと、映画館に「ナルニア国物語」の告知がありました。
実は「ナルニア国物語」こそ私の少年時代のバイブル。
親が何を思ったか買ってきたのにすっかりはまってしまい、何回も繰り返し読み返したものです。
彼女が買っている「活字倶楽部」という雑誌にて特集があったらしいのですが、あったよ、という彼女に対して、
「そんな映画化が決まったからって特集する雑誌なんか駄目だ」と言ってケンカしたくらいで(^^;)
大体私は映画というものがあまり好きでなく、
なぜかというと小説の映画化とか特にそうですが、
たった二時間かそこらで満足いくストーリーテリングが出来るのか?と。
一日にあった事を延々網羅するここの日記にもその性格が出ているかもしれませんが(笑)
うーん、映画化ってどうなんだろう・・・・見に行くかも分からないのですが、
ナルニア国物語は指輪物語とは違うのだから、
クリーチャーの造形がどうのこうのなんてレベルでは絶対に語ってほしく無いし、
挿絵のイメージも大切にしてほしい・・・<これはすでに駄目ですな・・・
映画化されて、万々歳というわけでもなく、微妙な心理ですね。

さて、映画が終わったらオートバックス行って作業をして貰い帰ってきました。
晩御飯は昨日の残りのカレーでした。

本日の走行距離

15.6km

本日の宿

彼女の家

本日の家計簿

レッドバロンの自販機コーラ50円
映画館チケット代1,800円


11/24へ戻る 目次へ戻る 11/26へ進む