7/29(金)

行程

志津原キャンプ場〜九頭竜ダム〜分水嶺〜長野県内彼女の部屋

朝はパラパラッという音で目が覚めました。
「うん・・・雨か・・・・チッ」と寝ぼけた頭でうとうとしていると、
昨日フライを張らなかったことを思いだし飛び起きました。
テントの外に出てみると、幸い木影になっていて、それほど濡れてはいません。
サイトの方ではなく、通路側のほうがまだ濡れなさそうなので、そちらに荷物を移して急いで準備しました。
整ったらさっさと出発です。(あまりにさっさとしすぎて写真撮り忘れたわけですが・・・)
雨もそこまで降ってはいなかったので雨用装備はしなかったのですが、幸いしばらく走ると路面も乾いていました。

今日はいよいよ彼女の家まで走ります。
ルートは大体決っていましたが、ルート上の最初の市街地(キャンプ場は山奥だったので)の大野市というところで、
コンビニを見つけて朝食がてらルートを再確認します。
そこからはひたすら山の中を走ります。もちろん途中途中で休憩を取りますが・・・
まず寄ったところは九頭竜ダム。何でもロックフィル式といって、一部を砂や岩で作るダムだそうで。
大変大きなダムでした。

それから飛騨に入って、板蔵ラーメンというのを食べました。
周りがドライブインみたいになっていたのでバイクを停めやすくはありましたが。
しょう油チャーシュメンを食べましたが、あんまり記憶に残ってません(^^;)
それと彼女に、「男運悪い女友達のために良縁のお守りとかあったら買ってきてくれ」といわれていて(笑)
それが出雲大社に行った日の夜だったので、「言うのおそっ」と思ったわけですが、
(出雲大社は縁結びの神様でもあるそうで)
お土産屋を見ていたら、飛騨の有名な民俗玩具?のさるぼぼはそういう側面もあるみたいなので
彼女の分と合わせて買いました。ま、私の彼女には私がいるわけなので良縁のお守りなどいらないでしょうが(笑)

このルートには合掌造りの白川郷や上高地など有名な観光地がありますが、
それら無視して寄ったところは、分水嶺公園
分水嶺というのはここで水の流れが分かれますよ、というところで、ここでは日本海と太平洋に分かれます。
そうこうしつつ、上高地への入り口も素通りし、松本へ着きました。
ここからしばらく走るのですが、長野は下手に走ると山越えで有料トンネルに案内される場合があるので、
それを回避するルートをよく検討します。
そのルートを通って、途中で長野にいるときに世話になっていたレッドバロンにて後輪タイヤとチェーンを注文して、
二週間ほど前まで一緒に暮らしていた彼女の部屋に帰ってきました。
あと、ヤフオクで落札したパソコン用のバッテリが届いていました。

本日の走行距離

349.1km

本日の宿

彼女の部屋

本日の家計簿

ローソン 朝食 370円
ENEOS 2,610円(18.0L 145円/L)
板蔵ラーメン しょう油チャーシューメン 890円
同じく お土産 830円
ローソン 368円
レッドバロン ジュース 50円
着払い 620円


7/28へ戻る 目次へ戻る 7/30へ進む