7/28(木)

行程

柳茶屋キャンプ場〜鳥取砂丘〜天橋立〜敦賀日本海さかな街〜志津原キャンプ場

昨日食べた豚肉がよく焼けていなかったのか、夜半に腹痛で目が覚めました。
ずっと痛いという訳ではなかったのですが・・・
それはさておき、今日もロングランのつもりです。
天橋立と東尋坊を見ようと思っていたのですが、それでは長野まで、GWに中部北陸ツーリングで走ったのと
ルートが同じになってしまいます。いろいろ考えて、東尋坊はあきらめ、福井から飛騨越えにて長野に入るルートにしました。

まず、キャンプ場そのものが鳥取砂丘に隣接していたのですが、
近くに有島武雄の歌碑があるということで見に行きました。
何でもその歌を詠んだ一ヶ月程後に愛人と情死し、
確か歌の内容は鳥取砂丘の広さと自分の孤独を詠ったものだったと思いますが、
それで鳥取砂丘が有名になったんだとか。歌碑のそばに立派な松が植えられていました。

そこからちょっと走ると鳥取砂丘の展望台があるということで見に行きました。
鳥取といえば梨!梨ソフトなる物が売られていたので食べました。
砂丘そのものは、そこまで広くはないなぁ、といった感じ。
近くで見たらまた感想は変わるのでしょうが・・・

そこから天橋立へ。
有名な股のぞきの名所は、傘松公園というらしいですが、
バイクを駐車場に停めて、リフトで登りました。
(股のぞきはさすがにいい年した一人旅の男がやるのは恥ずかしかったのでデジカメ逆さにして取りましたf^^;)
下で近くに松を見ているときはそうでもなかったのですが、展望台から見ていると、さすが日本三景の一、という感じでした。
近くの展望レストランで海鮮丼を食べてから出発します。
ちなみに橋のたもとにも行ってみたのですが、夕方の四時より原付のみ通行可、ということでした。

そこからまたひたすら走ります。舞鶴で自衛艦が見えたときはおっ、と思ったのですが
やっぱり止まらず走ります。そして着いたのが敦賀市の日本海さかな街。
着いたのが午後六時前くらいでほとんどのお店は店じまいをしていたのですが、
ひとつ、まだ客が入っている海鮮丼のお店があったので、上うにいくら丼を食べました。
トロロが掛かっていたのですが、そのせいかどうもうに、いくらの味がしない。
そこで、うにやいくらをそれだけ食べてみたのですが、どうもやっぱりその味はしませんでした。

そこからもう少し走ろうと思って目標にしたのが武生。
刃物で有名な町で以前のツーリングでナイフやお土産に包丁を買った場所の近くにキャンプ場があったのです。
まず武生市まで走りました。そこでも結構遅く、整備されている川原があったのでよぽどここで野宿しようかと思ったのですが、
近くの神社でお祭りをやっていたので、人が多いかと思ってやはりキャンプ場まで走ります。
人気のない三桁国道から脇道に入って結構走った先のキャンプ場では予約がないとだめだと言われ、
もう少し先の志津原キャンプ場を紹介されました。で、行ってみて「キャンプしたいんですけど」と管理人に言うと、
「今からですか!」と・・・まぁ、もう八時を過ぎていたのでしょうがないのかもしれませんが、
よっぽど先の川原に戻ろうかとも思いました。
まぁ・・・キャンプの感覚が違うというか、こちらは生活の一部としてキャンプや野宿をしているわけで、
今からも何もここでキャンプしなければ、他でもっと遅くなるという話ですが、
普通の人にとっては、ちゃんとした家があり、非日常としてのキャンプをしにくるわけで、
そこあたりの感覚のずれというものがあると思いました。
それはさておき・・・林間学校か何かで高校生?の大群がいたのですが、
私は離れた場所にテントを面倒くさかったのでフライなしで張ってさっさと寝ました。

本日の走行距離

321.6km

本日の宿

志津原キャンプ場(写真撮り忘れました)

本日の家計簿

自販機 150円x1 120円x5 100円x1
鳥取砂丘 梨ソフト 250円
ローソン 朝食 273円
天橋立 海鮮丼 1000円
日本海さかな街 上うにいくら丼 2000円
志津原キャンプ場 1200円


7/27へ戻る 目次へ戻る 7/29へ進む