7/27(水)

行程

道の駅阿武〜出雲大社〜鳥取砂丘

今日は結構距離を走らなければならないと思っていました。
長野県で待つ彼女に早く会いたいというのもありました(笑)

まず朝は5時くらいにおきました。
起きたというより、この時間からなぜか芝刈りをやっており、その機械の音で目が覚めたのです。
腹立たしくもあり、感謝したくもあり、準備をしてから出発です。

結構走って「出雲大社」に到着。
境内の大きさはさすがというものがありましたが、何より驚いたのが掲揚されている国旗の大きさ。
ポールが説明によると50m近くあり、それに比例する大きさの旗ですから、相当なものがありました。
それから宝物殿。最初に日本刀が展示されているのですが、その二振りが「村正」「正宗」(だったと思いますが)
日本を代表する銘ですから、これにもさすがと驚きました。
有名な神楽殿や、因幡の白兎をモチーフとした像等もあり、さすが日本を代表する神社でした。

一通り観て回ると近くの観光客向けの蕎麦屋で昼食に蕎麦を食べ、観光センターで絵葉書を買いました。
なにしろ、母親から出発前に「途中で絵葉書出せ」と切手を渡されていたのです(笑)
また、この近くには歌舞伎踊りで有名な阿国ゆかりのものがいくつかあって迷ったのですが、
結局行かないことにしました。

それから鳥取に向けて走ります。
RSタイチのバッグの安定性がどうも気になっていたので、途中のダイソーで一休みがてらいくつか役立ちそうなものを買います。
それからはひたすら東へ走り・・・ここあたりは高速道路が未開通らしく、
一部高速道路として作られた道路が無料開放されており、ハイペースで走れました。
途中、魚見台というところで日本海の荒波に感動してからキャンプ場を目指します。
今日の泊まりは柳茶屋キャンプ場。ここも無料です。
しかし、隣接のサイクリングターミナルにて要受付ということでしたので、
受付をしてからテントを張りました。家族連れや、バーベキューにのみ来ている若者たちで結構賑わっていました。

テントを張ってから近くのみさき屋という温泉へ。
上がってから、米とインスタントラーメンしか作れないという食事に物足りなくなったので、
みさき屋の受付のお姉ちゃんにスーパーの場所を聞いてみると、近くにジャスコがあるとのことで向かいます。
そこでアルコールとサラダ、味付け豚肉等買ってからキャンプ場に戻りました。

キャンプ場に戻ったらすでに暗くなっていましたが、早速調理です。
アウトドア料理は空気が最高の調味料、といいますが、安い豚肉も美味しく感じられ、すごく食が進みました。

・・・おまけ・・・
バーベキューから帰る若者たち(結構多かった、20名以上?)のうち一組の男女の会話
私がすでに潜り込んでいるテントを見て、
女「わー、ちっちゃな家〜」
男「そやなー、一緒に寝たいけどな〜」
その会話からするとカップルではないでしょうが・・・
テントを家って言うな〜!人のテントを口説くのに使うな〜!(笑)

本日の走行距離

356.1km

本日の宿

柳茶屋キャンプ場

本日の家計簿

自販機 コーヒー 120円
出雲大社 賽銭 10円
同じく お守り 700円
同じく 宝物殿入館料 150円
出雲お国(蕎麦屋) 天ぷらそば 930円
観光センター 絵葉書 570円
ENEOS 2,631円(18.93L 139円/L)
ダイソー コーラ 105円
同じく 荷物安定用グッズ 420円
自販機 オレンジジュース 120円
みさき屋 入湯料 560円
ジャスコ 食料、アルコール等 1,651円


7/26へ戻る 目次へ戻る 7/28へ進む