7/26(月)

行程

福岡〜関門トンネル〜道の駅阿武

前日に東日本に台風が来ており、その影響で天候の心配をしていたのですが、
島根くらいまでなら(北上は日本海側と決めていました)雨も降らないようだったので、出発することにしました。
これまでの旅の中で、パソコンのバッテリの容量が不足していたので(満充電で二時間ほどしか持たない)
ヤフオクで大容量バッテリを落札していました。その代金を途中で振り込みます。

そして関門海峡を抜けるルートがいまいち不安だったので、ナビに萩市の適当に入れた場所までナビさせます。
とりあえず、福岡市内を抜けるのにかなり時間がかかりました。
午後二時くらいに出たのですが、福岡市街だけで二時間以上かかったような記憶があります。
そしてナビなのですが、有料/高速道路回避設定にもかかわらず、高速に乗るルートでした。
これは関門トンネルがそもそも有料であって、そこを通らないと萩に到達できないから、ということかもしれません。
そういうことを思いつつも、高速は回避し、自動再計算されたルートを進んでいくと、「犬鳴峠」の文字が・・・
実はここ、個人的には九州で一番といっても過言でないくらい回避したいポイントだったのですが、
かなり有名で強力だと思われる心霊スポットであります。
まぁ、まだ昼間で前後に車もいたし、確か心霊スポットは「旧」犬鳴トンネルで、
普通に進めば「新」トンネルを通るのでUターン等はしませんでしたが。
しかし、トンネル手前に旧道に入るらしいわき道もあり、夜間に一人では通りたくないルートです。

そして、北九州市内を抜け、関門トンネルを通って、九州に別れを告げ本州に上陸です。
(写真は門司側のものです)

本州に上陸して感じたことは距離感覚が狂ってるなぁ、ということですね。
これまで九州、関東信越、中部北陸とツーリングをして、そう無茶な走行計画を立てたことはないのですが、
本日の走行計画はかなり無茶なものでした。実際に走って目標地までの距離をみたら「こんな遠かったのか!」という感じで。
途中から今ツーリング初の野宿だと決めていました。

ナビのルートどおり進むと、内陸を通りそうだったので、シーサイドラインを走るようにします。
夕日を見ながら、と思ったのですが、きれいな夕日にはもう少々遅い時間でした。
国道を走っていたのですが、交通量も少ないかわりに地元車も結構飛ばしていました。

そして萩に到着。ご飯を食べようと思って探していたのですが、
適当なお店が見つからず、結局ガストになってしまいました。
そしたら後は泊まる場所探し。
北上しながら探していると、途中で良さそうな海浜公園があったのですが、
ここにしようと思ってバイクを一巡りさせていると「キャンプ禁止」の文字。
国道にも近いし、巡回の警官に見つかって怒られるのもつまらないのでここはやめました。
もうしばらく走っていると、道の駅で芝生と東屋があるところがあったので、
テントは張らずに東屋のベンチにシュラフだけ広げて寝ました。

本日の走行距離

239.8km

本日の宿

道の駅阿武

本日の家計簿

パソコンバッテリ 代金 20,000円
同じく 振込手数料 340円
ENEOS 2,453円(18.59L 132円/L)
関門トンネル 通行料 100円
ガスト 夕食 1,218円
自販機 コーラ 120円


7/25へ戻る 目次へ戻る 7/27へ進む