12/31(土)

行程

窓ゆきさんの家〜実家

さて、今日は2005年最後の日。
ずいぶんと窓ゆきさんの家に長居をしてしまいましたが、
さすがに今日にはお暇しなければなりません。
窓ゆきさんにも「さすがに今日は帰るんやろ?」と言われましたが、
最初「帰らないんやろ?」と聞こえて、「えっ?どうして?」と言ってしまいましたが(^^;)
あんまり荷物も家の中に入れていたわけではないのですが、
外に持っていって準備をします。
でも、なんだか「帰る」と切り出しにくくて、
TVを見たりしてました(^^;)

近くのラーメン屋にご飯を食べに行って、
(窓ゆきさんはちゃんぽんと水餃子頼んだのですが、
ちゃんぽんが出てこないと言うハプニングあり)
帰ってから高校サッカーの東福岡の試合を見ます。
そうそう、以前書いた鹿児島実業ですが、
連覇はどうかなぁ・・・と言うところ。
青森山田とか、熊本代表の大津と言うところが前評判は高いみたいですね。
(これ書いてる時点で、選手権もう終わってるんですけどf^^;)
戦力分析の本は、東京駅構内の本屋で見られましたが、
まぁ既に九州に帰ってきてるわけで、
いまさら見に行くと言うことも出来ませんけど・・・
時間は一杯あるのですが、費用の問題で、ね(^^;)

さて、東福岡のゲームが終わると。
さすがに時間的にやばいのでお暇をして出発しました。
もう午後四時くらいでちょっと遅い出発になったのですが、
鹿児島〜福岡は何度も走ったことがある道なので・・・
ちょっと油断があったのかもしれません。
紅白歌合戦にスキマスイッチが出ると言うことで、
8/1に挙げた旅のテーマソング・・・
スキマスイッチだけではなく、ポルノグラフィティもまさよしも出るのですが、
そのものを歌うのはスキマスイッチだけだし)
何時あたりが出演時間なのかしっかり調べたわけではありませんが、
見られたらいいなぁ、ぐらいの気持ちで走っていました。
窓ゆきさんの家から県道を走っていくと、
片側3車線ぐらいの広めの道路に出ました。
そういう道路があるとは認識していなかったのですが、
国道385号線と言うことで、メインルートの国道3号の西側を、
沿うようにしてやはり南北に走っています。
このまま県道を走って3号に出れば安パイなのですが、
ま、いいか、と思ってその385号を南下することにしました。
道はすぐ一車線になり、どうやら先は峠のようです。
「坂本峠 雪 チェーン規制」と言う案内もあったのですが、
バイクとすれ違ったこともあって、
たぶん大丈夫なんだろう、とそのまま気にせず進みます。
するとこれがまた失敗で・・・(^^;)
走り屋対策がしてあるような峠道を先に進んでいくと、
だんだん道脇に雪が見られるようになってきて、
全然そんな様子は見られなかったのに、
突然、道にも雪が残っているようになりました。
それがまぁ、センターライン付近のみとかならいいんですが、
もう一面雪で覆われていたので、引き返すことにしました。
窓ゆきさんに聞いたら、ここ最近大雪のニュースを良く聞きますが、
窓ゆきさんの家付近ではちっとも積もらなかったと言うことだったのですが。
それに、マップルで見ても峠は標高540mということで、
そんなに高くは無いところなんですが・・・
雪に進路を妨害されるのは三度目ですが、
警告があったとは言え、意外な感じの妨害でした。
まぁ、雪が路面一面に見えた時点で諦めて引き返したので、
チャレンジとかは全くしてないんですけどね。
スタッドレスとか無縁っぽい車が通っていたので、
バイクでももしかしたら行けたかもしれません。

引き返してから途中の県道を通って大野城方面へ。
実は、昔の彼女が住んでいたところだったりします(笑)
窓ゆきさんと、その彼女ともう一人福岡には女の子の知り合いがいて、
もちろんそれぞれ知り合った時期とかは異なるんですけど、
その人のために遊びに行こう!と言う女性が、福岡には通算で三人、と言うことに・・・
他の県では、あまりそんなことは無いんですけどね。
不思議な縁ではあります。

さて、それはさておき。大野城から南下していくと、
途中で鳥栖筑紫野道路と言う有料道路に接続したのでそれを回避。
国道3号線に出て、あとはひたすら南下するだけになりました。
とはいえ、そんなスピード出すわけではなく、
到着予定時刻もだんだん遅くなっていく有様でした。
熊本県内に入ると雨も降り始めましたが、
そんなに強くない雨だったし、ジャケットも防水なので、
雨用装備はせずにそのまま走ります。
途中、熊本市内のケンタッキーフライドチキンで食事休憩。
実家には昼に今日帰る旨のTELをしてあったのですが、
遅くなったのでもう一回TELをして、また走り始めます。

延々と走り・・・水俣の手前あたりでしょうか?
道は暗いし、対向車も前走車も後続車もいなくて、
寂しかったり怖かったりしたときもありましたが。
コンビニで一回休憩した後、鹿児島県内へ。
県境の標識は気づかなくて残念でしたが、
久しぶりだったのでやはりちょっと感慨深い物がありました。
途中で、年内の実家への帰還と言うのは無理っぽく思えてきたので、
せめて鹿児島市内には入りたい!と思って走り、それは無事達成。
しかし考えてみると、VFRで走りながら年を越すと言うのは、
旅の途上にある私にとっては、
もっともふさわしい越し方かもしれないな、とも思いました。
それから後は実家へGO!
市内には「照国神社」という大きな神社があり、
予定ルートがちょうどその前を通るので、
参拝客がどれぐらいいるのか見よう!と思っていたのですが、
交通規制されており、迂回せざるを得ませんでした。
それからちょっと走って、信号待ちの間にふと気温計見ると、
なんと「8度」でした・・・(笑)
深夜0時にその気温、さすが鹿児島です。
そんなこんなで実家へ到着。
母親がまだ寝ずに待っていってくれました。

もう新年を迎えていますが、それはそれとして、
うどんとそば、どっちがいい?と言うのにそばをお願いします。
そして食べていると、「あんたはもうどこも行かないんでしょ?」と言われる(-_-;)
以前、「正月は戻ってこようかとも思うけど、
(親に)旅の終わりだと思われそうで迷っている」と言ったのに対し、
「そうは思わないから戻っておいで」と言った母親が(-_-;)
と言うわけで、それをきっちり説明して、
久しぶりに自分の部屋の自分のベッドで寝ました。

お知らせ

写真のアップしすぎで容量が足りなくなってしまいましたので、
2006年分の日記は別のサイトを作って、そちらにアップすることにしました。
来年もよろしくお願いいたします。

本日の走行距離

343.3km

本日の宿

実家

本日の家計簿

ENEOS17.7L 141円/L2,495円
KFC晩御飯1,018円
ファミリーマートガム、飲料240円


12/30へ戻る 目次へ戻る 2006/1/1へ進む

(2006年分は別サイトになります)