12/17(金)

行程

道の駅たまつくり〜筑波宇宙センター〜地図と測量の科学館〜松戸健康センター

昨日のことがあるので、朝起きてすぐ時計見ると八時前。
ホッとしつつ、準備を始めます。
今日は先日キャンプしたときほど寒くなかったようで、
とりあえず水道も凍結はしていた物の、
蛇口を開けていたらそのうち出てくるぐらいでした。
コーヒーを淹れてご飯を食べ、準備を済ませたら九時半くらい。
とりあえず、11時まで日記を書くかな、と思い、
休憩室にパソコン持ち込んで日記の続きを書きます。
そのときは私一人で、TVでやっていた松山のお祭りのドキュメンタリーを
耳で聞きながら打っていたのですが、
しばらくするとおばちゃんがやってきて、
勝手に観光案内みたいなものに替えられました(-_-;)
チャリでやってきた地元のおばちゃんらしかったけど、
そんなんいつでも見られるだろ、と言う感じ・・・
別に何も言いませんでしたが。
11時になってまだ日記は終わっていなかったのですが、
今日の予定もあることだし、出発することにします。

今日の予定はつくば学園都市の施設めぐりです。
三つほどまわろうかな、と思うところがあったのですが、
まずはそのうち一番行ってみたい、「筑波宇宙センター」に行ってみました。
宮城県で行った開発センターのように、入口で住所氏名を記入はせず、
普通に駐車場まで入って行きます。
VFRを停めてから、建物の中に受付があるとのことで入りました。
受付に行って見ると、それは0円マップにも書いてあったのですが、
「自由見学」と「ツアー見学」があり、ツアー見学は予約制である物の、
今日はまだ定員に余裕があり、今から申し込んでも大丈夫との事。
違いとしてはツアー見学にはガイドが付くこと、
自由見学では見られない、セキュリティエリアまで見学できる、との事でした。
また開始時刻も一日五回あるのですが、次の午後1時からのものも参加OKと言うこと、
所要時間が約1時間15分だと言うことで、
それならツアー見学が終わってから、もう一つ別の施設へ見学にいけるな、と思って、
ツアー見学への申し込みをしました。
すると、申し込み用紙を記入することになり、記入が終わると、
バッジと言う物の布製のシールみたいな物を左胸に貼ってくださいと渡され、
あとパンフレットを貰って、「行ってらっしゃい」と送り出されました。

一時までは少し余裕があったので、
構内で見学できる建物のうち、「厚生棟」という所に行って見ました。
なんでも食堂があるらしく、何か変わったメニューがあるのかな?と思ったのです。
しかし食堂は土曜日なのでやっていないようでした。
が、自販機のジュースの値段が通常より40円引きなのはビックリでした。
缶コーヒーとか、80円ですよ、80円!
食堂はやっていない物の、食堂のメニューに対するアンケート結果が展示してあり、
全体的に結果を見てみると、あまり美味しそうな食堂ではない様子(笑)
まぁ、社員食堂なんて得てしてそういうものかもしれませんけど・・・
結構普通のメニューが多く、宇宙に関連した物は、
「天の川カレー」という物が見受けられたくらいでした。
で、脇に小さな売店があったので、そこでサンドイッチ等食べて昼食にしました。

一時近くになったので、受付前のロビーへ行きます。
時間になると、ガイドさんに視聴覚室に誘導され、
15分ぐらいビデオを見てから、バスで展示室まで移動します。
結構人数が多くて、小型のバスの座席が埋まるぐらいだったので、
40人くらいは参加していたのでしょうか。
これまでずっと一人で気ままに旅をしていたわけですから、
ちょっと息苦しく思ったりもしますが、
ガイドさんがいろいろ説明してくれるのはいいですね。
ちなみにガイドさんは受付のお姉さんでした。
展示室は宮城県の展示室とは違って、かなり多くの資料がありました。
ツアーなので全部詳細に見てまわる、と言うわけには行かず残念でしたが、
主にロケット、ロケットエンジン、人工衛星、国際宇宙ステーションの「きぼう」についての説明がありました。
ロケットやエンジンについては、宮城県で勉強してきたのでまぁ追確認見たいなもの。
人工衛星については、衛星を被っている金色のフィルム、断熱材ですがその構造と、
(アルミのフィルムと特殊なネットが交互に何層にもなっている)
それが衛星にはマジックテープで貼られているとの説明。
また、展示してある「ひまわり1号」はテストモデルではなく、
実際に運用された物と全く同じ物であるとの説明。
ひまわり1号はどうしても失敗したくなかったので、
仮に先の打ち上げが失敗した場合、これをすぐ打ち上げる予定だったそうで。
燃料を入れて打ち上げれば実際今でも運用できるんだそうですが、
1号ということで、その性能は現行機と比べてかなり落ちると言うことです。

それから国際宇宙ステーション、日本実験棟「きぼう」の説明。
「きぼう」は主に「船内実験室」「船内保管室」「船外実験プラットフォーム」「ロボットアーム」の
4つのパーツに大別されると言うこと、また「船内実験室」の模型内部に入ることが出来るのですが、
天地を判別するため床には青いテープが貼られていること、
移動用の手すりがあること、壁にぶつかっても大丈夫なようにスイッチはガードがあること、
と言う説明がありました。ふんふん、と聞きつつ・・・
お姉さんが「実験室内は右側通行で、見終わった方は出てきてくださーい」と言うのに、
私は入るのが最後あたりだったのですが誰も出てこない・・・(笑)
皆さん、中でいろいろ見てたりしてお姉さんも大変だ、と思ったのでした。

それからまたバスにて「宇宙ステーション試験棟」に移動します。
こちらはその名の通り、「きぼう」のさまざまなテストをしているところ。
その「実物」を見学することが出来ました。
船内実験室と船内保管室
黄色い筒状ものもが実験室ですが、こちらの実物は既にアメリカに運ばれテストを受けていると言うことで、
これだけは実物ではないんだそうです。
ちなみにこのサイズがスペースシャトルの格納庫に入る限界なのだとか。
その奥にあるものが、「船内保管庫」ですね。
船外実験プラットフォームとロボットアーム
プラットフォームは手前のビニールハウス状のものの中にあります。
ロボットアームは日の丸の下ですね。
人間と同じ関節を持っているんだそうです。

ここから先は、曜日によって行き先が違うんだそうで、
平日は「無重力環境試験棟」と「宇宙飛行士養成棟」へ、
土日祝日は「宇宙ステーション運用棟」へ、となるんだそうですが、
今日は土曜日なので「宇宙ステーション運用棟」行きでした。
建物の中に入ると、まずは「宇宙服」、船外活動をするときに着るものですね、それと、
「与圧服」と言う打ち上げ、大気圏突入の際着る服の説明。
そしてその先が、「きぼう」の運用管制室でした。
もちろん、まだ「きぼう」は地球上にあるわけですから、
ここも活用されているわけではなく準備中なのですが、
ガイドさんによると「ウルトラマン」の撮影に使用されたことがあるんだそうです。
ちょっと写真には入っていないのですが、
正面のモニターの上部に時間の表示が二つあり、
一つはもちろんJST、日本標準時間なのですが、
もう一つは宇宙時間とかいったかな、グリニッジ天文台の時間で、
日付の表示が「月日」ではなくて、1/1からの日数で表示されていました。
「350」とかだったでしょうか。
それから宇宙食や宇宙空間で使う日用品とかの説明があり、
それにてツアー見学終了、でした。
終わってから少し資料とかを読んで、
展示室をしっかり見たいと言うのもあったのですが、
とりあえず別の施設へ行ってみることにしました。

向かったのは国土地理院敷地内の「地図と測量の科学館」です。
ここも無料で、広くてきれいなところでしたが・・・
良く分からん・・・測量に関する専門用語が列記してあるところがあり、
今、パンフレットを見直すと「現代測地学の基礎」と言うコーナーでしょうか、
かなり難しいんですけど・・・(^^;)
それからいろいろコーナーはあるのですが、
あまり面白いところでもなかったかな・・・と。
「CD-ROMチャレンジ」と言うコーナーがあって、
パソコンのモニターがあるので豆知識やクイズのコーナーかな?
そこは席が占領されていたので素通りしましたが、
使えてたらまた違った感想があったかもしれません。
で、特別展示室で立体地図の展示をやっていたのですが、こっちは良かったですね。
地図と言うのはあくまでツールだと思うのですが、
ツールと言うのは目的があってこその物であって。
たとえば「ここに行きたい」でも「行くことを想像する」でも・・・
つまりただ見たってそんなに面白い物ではないと思いますが、
立体地図と言うのは「見て面白い地図」であるような気がしました。

館内には地図ばかりを集めた売店みたいなところもありましたが、
そろそろ閉館時間ということで、外に出ます。
駐車場で老年の方に話しかけられたのですが、
方言だったからか、少し言葉が分かりづらかったのですが、
少し話をしてから出発します。
とりあえず、またもや道の駅しょうなんを目指すことにしました。
道100選の一つらしい、東大通り(おそらく、とうだいどおりではなくひがしおおどおり)を南下。
なるほどさすがに、街路樹が綺麗に高さがそろい、整備された綺麗な道でした。
VFRを入れて道の写真を撮ろうと思ったのですが、
上手い具合に停まれる場所が無く、結局そのまま通過しました。

それから国道6号線を南下します。
途中、「ウェンディーズ」というハンバーガー屋があったので、
そこで食事をしました。
8年位前に神戸にすんでいた時、近くのダイエーに、
ウェンディーズがテナントとして入っていて、大好きだったのです。
当時はマックが作り置きの商品を出していて、
味にはかなりの差があったのですが、
マックも少し前から確か「make for you」とか言う、
注文してから商品を作る方式に変わり、
だいぶマシになったと思うので、今はマックも好きですけど。
神戸を離れてからは利用する機会がなかった物の、
宇都宮あたりで一回店舗を見かけており、
今日も一回見かけたので、ぜひ入りたいと思っていたのです。
というわけで、久しぶりのウェンディーズ・・・
注文したのは「ウェンディーズダブル」と言う、
ミートパテが二枚入ったハンバーガーのセットでした。
マヨネーズ等が強く感じられるマックに比べて、
それは感じずに、素材の味がよく味わえる物でした。
マックにもう慣れた身では最初戸惑いましたが、
最終的には満足できる久しぶりのウェンディーズでした(^^)

その駐車場で少し考え・・・
どうやら今日はかなり寒さが厳しいらしい。
0円マップを見ると、柏市に健康ランドがあるので、
そこに泊まるかな、とも考えつつ・・・
手持ちが少し厳しかったので、ナビで郵便局を検索して、
そこのATMでお金が下ろせたら健康ランドへ、
閉まっていたらテントを張る、ということで郵便局へ。
土曜日の午後六時過ぎでしたが見事に開いており、
まぁ小さなところはやってないの分かりきっているんで、
少し大きそうな「牛久郵便局」に行ったのですが、
結局お金を下ろして、健康ランド行き決定です。

そしてまた国道6号線を南下。
道はかなり渋滞していましたが、
途中二回ほど走っている間に「頑張って」と声を掛けられました。
一台の車のナンバー(旧型のキューブでしたが)は見られなかったのですが、
もう一台は「野田」ナンバーでした(笑)
ま、嫌なことは感じないように、良いことは胸に留めて、というのは
昨日書いたとおりです。
キューブの方に声を掛けられたあたりから、
「そうして声掛けられたら、親指ビシッと立てて合図しようかな」と思っていたのですが(笑)
いざそういう機会になると反応できませんでした(^^;)
で、柏市内に到着。0円マップを見る限り、駅前近くでしたが、
再確認のためコンビニに入って休憩がてらもう一度見ます。
だいたい場所を確認してらしき筋に入っていくも見当たらず・・・
そのときは確認しなかったのですが、マップルには正確に場所が載ってますね(^^;)
で、なかなか見つけられず、信号待ちで隣になった「ピザハット」のお兄さんに聞いてみます。
そうそう、ピザーラはサンタ衣装で走っていますが、
ピザハットは普通のユニフォームで走ってますね。
クリスマスまでずっとそうなんでしょうか?

お兄さんいわく、「16号に乗って、コジマとか見えたら左折するとあったはず」との事。
お礼を言って、その通りにしてみました。
国道16号を走ってコジマを発見したあたりにて、
道沿いに目指す「柏健康センター」の看板を発見!
「よしよし」と思ってその筋に入っていくも、またも見当たらず・・・
かなりうろうろ走り回った挙句、ガソリンが少なくなってきたので、
給油がてらそのスタンドのおっさんにも聞いてみました。
すると「あるんだけど、改装中か何かでいまやってない」、との事・・・
見当たらないわけです(-_-;)
給油が終わってもう一回0円マップを見ると、
そう遠く無いところに「松戸健康センター」があり、
こちらはどうやら「しんまつど」駅の近くということで、
駅までナビに案内させました。
国道6号から離れると、アップダウンや細い道、
一方通行が多く、走りにくい感じながらも、
無事駅に到着・・・といってもどうやら駅の裏手のようでした。
0円マップをもう一度確認してみると、目指す場所は駅の反対側のようです。
そうしてまた走り出し、線路をくぐって少し走っていると、
無事発見することが出来ました(^^)
着いたのは、もう九時を過ぎていましたが・・・

お風呂に入って、じゃがバターを肴にビールを飲んでから、
仮眠室に行って見ます。土曜日にて結構人が多いようで、
毛布ももう棚には無かったのですが、少し探して確保。
また、壁際の開いているところに見事コンセントもあったので、
まだ書き終わってなかった昨日の日記を書きます。
結構眠くなるときもあったのですが、せっかく電源もあることだし、と頑張って完了。
終わったのは午前2時くらいだったんですけどね・・・(^^;)
パソコン等をロッカーにしまってから、
リクライニングシートのように倒せる椅子にて就寝・・・
が、これがなかなか寝られず。
いびきのこともありますが、あまり寝心地が良くないのが問題。
健康ランドに泊まるのは初めてでしたが、
あまり寝られるところではないのかな、というのが実感でした。

本日の走行距離

96.2km

本日の宿

松戸健康センター

本日の家計簿

筑波宇宙センター内売店軽食493円
筑波宇宙センター内自販機アーモンドココア90円
同上コーラ500PET110円
ウェンディーズウェンディーズダブルのセット730円
セブンイレブン休憩軽食225円
ENEOS16.2L 133円/L2,154円
松戸健康センター入館料1,200円
松戸健康センター深夜料金1,100円
松戸健康センター生ビール、じゃがバター893円

(下二つは、厳密に言うと明朝の支払い。また入館料は05/12/1より200円値下げされたとの事)


12/16へ戻る 目次へ戻る 12/18へ進む