12/16(金)

行程

道の駅しょうなん〜成田山新勝寺〜伊能忠敬記念館〜道の駅たまつくり

うとうとしながら「なんだか明るいなぁ、暖かいなぁ」と思っており、
しっかり目が覚めて携帯で時間見たら既に10時でした(^^;)
明るいし暖かいわけです。
昨日1時過ぎに寝たとはいえ、9時間睡眠・・・
なんだか少し体にだるさもあり、湯あたりというか、
温泉入ったせいで最近の疲れがどっと出たのかな?と言う感じでした。
急いでトイレに行って、洗面歯磨き。
していると、私と同じからプラス10歳くらいの年齢だと思われる人が、
頭を洗い出した・・・(^^;)
どんな境遇の人か知らないが、さすがに私もそこまでしないぞ・・・と。
だいたい、ここの近くには橋があってその下に張れば霜とか全く付かないだろうけど、
車の音がうるさそう、と言うものの他に、
「橋の下」と言う言葉に抵抗があると言うのもある程度事実です。
人から見たら似たようなものかもしれませんけどね(^^;)

撤収作業をしていると、おばちゃん二人組がやってきて、
私にしたら珍しく最初から愛想良く応対。
シュラフは既に収納して、テントの入口あたりにおいていたのですが、
「寒くなかった?と言うのに「大丈夫ですよ」と言ったら、
「寝袋が良いんだね」と言われたのには少しビックリ。
話をしていると何でも北海道に毎年二十日間くらい行って、キャンプしてるそうで。
オートキャンプか何か分かりませんが・・・
毎年それだけの期間行けるというのにはうらやましく思ったりもします。

さて、今日は撤収作業をてきぱきと済ませたので、
作業は1時間もせずに終わり、11時過ぎくらいの出発になりました。
最近の中では暖かい日で、周りのベンチでは日向ぼっこの人もちらほら。
昨日と同じルートで良いかな、と思ったのですが、
国道356号を東進して、408号を南下しても行けそうで、
また356号が利根川沿いを走っているので、そちらを走ってみることにしました。
利根川沿いに出ても堤防があって見られなかったり、
見られてもここあたりではそうあまり大河という感じでもなく、少しがっかりしましたが、
青い空の下、さえぎるものがない広い大地が感じられ、
「これが関東平野か!」と思ったのでした。
また、さすがに空には飛行機が必ず一機は見えると言うくらい飛んでいました。
それと、トラックが多かったのでちょっと怖かったです。
信号待ちとかで太陽背に停まっていて、
後ろからトラックが来たりすると、
トラックの影が自分の影を覆いつくすので、
その瞬間は追突されそうで一瞬ビックリします。

国道408号に入ってから、案内あるかな?とは思ったものの、
微妙でもあったのでナビに案内させます。
近くなってくると、どうやら有料駐車場が多そうな感じ。
しょうがないのでもう最初から諦め、
「二輪車200円」と看板があったところに入れました。
「弘恵会土屋駐車場」という所で、トンネルで境内と繋がっており、
私営じゃなくてお寺直営なのかな?と言う感じでした。

で、そのトンネルを抜けるとすぐ左に本堂があるらしいのですが、
ここでご飯を食べよう、と思っていたので、
本堂とは逆の「門前」とあったほうに歩いていってみました。
すると何か工事をやっていて、参道は全く面影が無くがっかり。
すぐ車道になるのですが、そちらにはお店がそこそこ立ち並んでいました。
ここあたりはうなぎが有名なのでしょうか?
「ここから荷物が送れます」という宅急便ののぼりにうなぎが描いてあります。
そういえば最近うなぎ食ってないなぁ、と思い、
歩いてすぐのところに「うなぎ」の看板が見えたのでそこに行って見ました。
「駿河屋」という所で、またもや客は一人もおらず(^^;)
ジンクスのことは先日書きましたけれども、
今日はその他お客さんは全く来ませんでした(笑)

で、注文したのは「上うな重」です。
だいたい、私はうなぎ大好きなのです。
好きな食べ物といったら「寿司、うなぎ、焼肉」がトップ3。
彼女のお母さんが彼女に「KENさんは何が好きなの?」と聞いたら、
彼女は「高いものなら何でも好き」と馬鹿げた答えをしたらしいですが(笑)
まぁ、美味しいものなら何でも好きです。
で、地元鹿児島に「末よし」という有名なうなぎや産があって、
以前通っていた頃は、店員さんによっては「いつものでよろしいですか?」と聞いてくるほどで(^^;)
まぁ、他のいろんなお店食べ歩いた末にここに決めた、と言うわけではありませんし、
そんなに良し悪しは言えないのですが・・・
それでも「うなぎ百撰会」と言う会の会員だし、
それなりのものを出してるはずなので・・・
その上で言うと、出てきたものはまず「うなぎが痩せているな」と。
もう、見ただけでそう思ったのですが、
食べても肉が薄いので、食べ応えがないなぁ、と思いました。
それと本当はうな丼の方が好きなんですよね(^^;)
こう、ワッシワッシとかきこむのが好きなんです。
うな丼はメニューに無かったので重になってるわけです。
それでまぁ、残念だったりしたものの普通に美味しかったです。
最初、骨せんべいとかお新香とか出てきて、
重が来るまでに全部食べ終わったらまた出してきてくれたり、
サービスも満足いくものでした。
若造だと思って舐められて、痩せたうなぎを出されたのではなければ、ですけど(笑)

それからお寺を参拝します。
仁王門とか見ながら登っていくと、
大本堂というところで、ちょうど定時の護摩祈祷をやっていました。
その本堂の中に入って行くことも出来たようなのですけど、
ブーツだし、面倒くさいし、また既に途中と言うこともあり外で見ていただけ。
終わると、一番えらそうな坊さんが地面に付いて汚れないようにか袖を持たれ、
日傘をさされて退出していきました。
先日、坊主にむかつくことを言われたばかりなので(^^;)
あの日傘を差された坊さんの前に行って、
こういうことがあったけど、どう思うか?と聞いてみたいと思ったりも。
それと私は仏門の修行のことは良く知りませんが、
そういう過保護のような状況で、ちゃんと修行してると言えるのかな?と
思ったりもしました。

それからその本堂の裏手に歩いていくと、
何か像があって何かな?と思って近づくと、そばの碑に、
「顧問 総理大臣 小泉純一郎」と書いてありました。
「成田山横須賀泉勝講創立百周年記念」とか書いてあり、
何でも日露戦争の戦勝記念か祈願かに始められた講が、
今でも続いてると言うことだったか・・・
その初代講元が、像の方で小泉首相の先祖なのかな?と言う感じでした。

さらに「霊光館」という歴史資料館があるらしいので行ってみることに。
その手前に平和の大塔と言う建物がありました。
せっかくなので近づいていってみると、何でも中に入れて、本尊まで見られるらしい。
と言うことで、中に入って行って見ました。ちなみに無料です。
ここまでずっと無料で、大きな寺なのにそれはすごいと思うことで・・・
良く分かりませんが、有名ながらも全くの観光地と言うわけではなく、
普通に信徒の方が参拝しに来るところなのかな?と言う感じでした。
入っていくと写経所になっており、そこは土足でも入れたのですが、
更に奥に進むと土足禁止になりました。
靴を脱いで階段を登っていくと、ご本尊の不動明王。
大きな、彩色された立派な像でした。
その脇には、降三世明王、軍荼利明王、大威徳明王、金剛夜叉明王が立っており、
その周囲の壁にはさまざまな仏絵が描いてありました。
うーん、立派なところで感動しました。
それ以上にビックリしたのが、ちょうど私の後に来た方が、
何か膝まづいて礼拝を始めたのです。
「見学所ではなく信徒の祈願所であり、マナーを守って」と言うような
注意書きがありましたが、その通りのようです。
邪魔しちゃいけないな、と思って私は脇にしばらく待っていても終わる様子が無いので、
なにか手に塗って清める香というものがあったのですが、
それは使わずに普通に手だけ合わせました。
賽銭も感動したので奮発して50円入れました(笑)
仏像、仏絵にはそれぞれ説明があったので、それを読んでから帰ります。
不動明王の説明に「・・・口を閉じているのは無益な言葉を発しないためであり・・・」とあり、
先日の坊主に教えてやりたいものです(笑)

そして成田山霊光館という歴史資料館へ。
何でもここは市川団十郎の尊崇が篤いところで、
その影響か、今は歌舞伎関連の浮世絵の企画展をやっていました。
それから常設展示のほうへ。
お寺の歴史から、江戸時代の成田詣での道具とかも展示してあり、
あまり大きくないのですが、興味深く見られました。
歴史として、平将門の乱のときに、ある僧が弘法大師が彫った像を持って当地に下り、
朝敵降服の祈祷を行ったらしいのですが、
二十一日目、その満願の日に将門が討ち死にしたため、
当時の天皇はとても喜んで、「新たに勝った」としてこの寺を開かせたのだとか。
現代人の私にしてみたら、「ただの偶然じゃないの?」と言う感じですけど(笑)
それから駐車場に戻りがてら、そのルート上にあった建物を見ます。
駐車場に戻ってから、東京のキャンプ場予約のTELを入れました。
火曜日が休みという所で、月曜日の夜は宿泊キャンプできるのかな?と思って
確認してみたのですが、出来ないようで日曜の宿泊だけ予約しました。
しかし火曜日が休みで月曜日の夜も宿泊できないとなると、
実質、月火の二日間宿泊できないわけですから、
なんだかなぁ、と言う感じですね。
まぁ決まってるものはしょうがないですけど。

それからナビに案内させて、伊能忠敬の記念館に向かいます。
途中、飛行機が離陸直後かすごく低く飛んでいるところがあって、
「おお」と言う感じでした。
それと、走ってると車の中から「頑張って」と言われたことがありました。
その少し前から考えていたのですが・・・
彼女の家に居るときの日記で触れた「ハチミツとクローバー」にて、
「不幸自慢はしちゃいかん、し始めたら全員不幸に向かってヨーイドンだ」
見たいなセリフがありまして。
ちょっと違うかもしれませんが、嫌なことばっかり感じているのも、
それと似たような事なのかもしれない、と思ったりしました。
嫌なことがあるのはしょうがないこととして、
そればっかり心に留めて走っているより、
その少しの「頑張って」のセリフを感じて上を向いて走っていたほうが、
きっと自分自身にとってもいい旅になるのではなかろうか・・・と。

そんなことを考えながら到着。
道端からでは記念館は見えず、ナビの示していた方へ入ろうとすると、
私服のお兄ちゃんがライトセーバー持って「迂回お願いしまーす」との事。
しょうがないので少し先に進んだのですが、
するとちょっと脇に空き地のようなところが見えたので、
Uターンするか、と思って入れてみると、奥は駐車場になっていて、
その脇の建物は、ここ佐原市の観光案内所らしき建物のようです。
「駐車場は健常者の方はご遠慮ください」とありましたが、
チャリが停まっている駐輪場もあったのでそちらへ。
で、中に入って見ると案内係みたいな方がいたので、
「記念館に行きたいんだけど、バイク停めてていいですか?」と聞いてみます。
すると、構わないが記念館は記念館で駐車場があるとの事。
しかしここあたりの町並みはいい感じですし、
そんな距離も無いのでここに停めて、歩いていってみました。

先ほど入ろうとしたところ、「忠敬橋」という橋からだったのですが、
どうやら何かドラマの撮影でもしている様子でした。
なにか若い女の子が転んで散らばった自分の荷物を拾い集めているシーン?
誰か分からないし、見物人もまばらだし、近くの女子高生たちも騒いでないので、
たぶんそんなに有名な女優ではないと思われます(^^;)
そこから伊能忠敬の旧宅を見て、記念館のほうへ。
記念館はかつて旧宅内にあったらしいのが、新築されたところのようで、
結構広くてきれいなところでした。
そこで受付のおばちゃんに、「そこで何か撮影してるけどなんですか?」と聞いてみたところ、
おばちゃんは奥のほうに聞きに言って、出て来た男性職員の方によると、
「良く分かりませんが、NHKの朝の連続テレビ小説か何か・・・」とのことでした。
伊能忠敬の経歴については先に勉強しましたし、
ここではそれを掘り下げた、と言う感じでしょうか。
一回目の九州測量にて種子島、屋久島(鹿児島では「タネヤク」と言うんですけど
変換できないですねf^^;)の測量が海を渡れず出来なかったため、
九州測量は二回にわたることになった、とか、
中には忠敬自身は参加しなかった測量もあるとか・・・
あとは伊能図の展示とかもあるのですが、
やはり、現代の正確な地図とは位置的なずれはあるようでした。
それと2006年の地図つきカレンダーの展示、と言うものもやっており、
持って行くのも大変かな、とも思ったのですが、
せっかくの機会ですので貰ってきました。
モノによっては頒布してないものもあり(メーカーの好意だそうで)
世界地図と日本地図とありますが、それは当然日本地図のものにしました。

カレンダーを貰って外に出ます。
モノは筒状に丸められたものでした。
広げて折り畳もうかなとも思ったのですが、
折り目が付くのも嫌なので、今日はマットの脇に入れて持って行きます。
明日はつくば方面に行きたいので、嫌な思い出はあるのですが、
やっぱり一回行って見知ったところがいいだろうと、
道の駅たまつくりを目指すことにしました。
途中利根川を渡るとき、国道51号線の水郷大橋と言うところだと思いますが、
右手には赤く大きな月が出ており、左手は暮れかかった夕焼けで、
ともに美しい光景でした。
道の駅の近くのベイシアでお買い物。
先ほど書いたように、嫌なことは見つけないようにしたいと思うのですが、
身障者用の駐車場が、一つ残らず埋まっていて、
どの車にも身障者の表示がないというのにはさすがにちょっと・・・でした。
ま、ここだけじゃなくてある程度どこも似たような状況かもしれませんけど。
ここのベイシアはまた先日のベイシアとは結構商品ラインナップが異なるので驚きです。
またもやしやみかん、サラダやパン、魚肉ソーセージを買って、
ついでにビールとつまみも購入しました(笑)

道の駅に着くと、先日の場所は朝、日が当たらなくて失敗したので、
それを踏まえて場所を選びます。
場所が決まってVFRを停めると、まず月を眺めながらビールを飲みました。
月を相手に一人酒を飲む・・・李白を意識しているのは言うまでもありません(笑)
その間に母親からTELが掛かってきて
(今日は定時連絡の日だったので、こちらからもしたのですが繋がらず)
「寒いでしょ?早く帰っておいで」と言われたり、
友人から「今日は会社の忘年会。いつ帰ってくるの?帰ってきたら飲もう!」とメール来たり。
金曜の夜という事もあってか、サイレンサーつけてない様なうるさい原チャが一台。
それと寒いこともあるでしょうがイワタニのガスボンベではなかなか湯が沸かず・・・
まぁこれまでの一本250円のガスボンベから150円の物になったわけですから、
同じように湯が沸いたらそれこそ驚きなのでしょうけど・・・
それでもちゃんと沸騰するを待ってから米を炊き、ラーメンを作りました。
で、日記を書くわけですけど、途中なんだか眠くなり・・・
23時頃で、まだ日記も書き終わってなかったのですが、
まぁいいか、と寝ました。

本日の走行距離

96.2km

本日の宿

道の駅たまつくり

本日の家計簿

道の駅しょうなん内自販機マックスジョージア120円
弘恵会土屋駐車場駐車料200円
駿河屋上うな重2,415円
新勝寺平和の大塔賽銭50円
新勝寺霊光館入館料300円
駐車場内自販機ジョージアグランデ120円
伊能忠敬記念館入館料500円
ベイシア食料1,184円


12/15へ戻る 目次へ戻る 12/17へ進む