12/12(月)

行程

道の駅たけゆらの里おおたき〜大多喜城〜太東岬〜九十九里浜〜飯岡

昨晩は23:30ごろ就寝しました。
今朝は一回6時頃に目が覚めたのですが、二度寝してしまい、
再び起きたのは9時を過ぎていました。
道の駅の物産館もオープンしているようで、「やべっ」と言う感じでした。
準備中、少し離れたVFRのところにいるとき、
「昨日ここでテント張ったのはおたくかい」と話しかけられます。
「怒られるかな?」と思いつつ、「そうです」と言うと、
「なかなか出てこないから中で凍え死んでるかと思ったよ」との事、
道の駅の隣に釣具店があるのですが、そこのオーナーさんのようでした。
VFRを道の駅の駐車場ではなく、その釣具店の前(まん前ではありませんが)に停めていたのですが、
(と言っても釣具店が道に面しているわけではなく、
お土産屋が幾つか集まってる中、少し奥まったところです)
特に何も言われず、いろいろ世間話をしました。
「鹿児島宮崎あたりはマナーいいよな、飛ばさないし、人がいたらぴたっと止まる。
ここあたりが一番悪い。」と言っていましたが、
一番ではないにせよ、千葉もあまりマナー良くないな、と言うのは実感。
少なくとも左折に右折をかぶせてきますからね。
そして準備を整え、荷物を全部積み終わったあと、
テント張ったところの横が食堂だったのですが、
そこからなにかいいダシのような香りがしてきたこともあり、
それに負けてしょっぱなからとろろうどんを食べました(^^;)
それなりに美味しかったですけど、値段の割には量が少ないかな。

今日最初に目指すところは「大多喜城」と言うところ。
再建された天守閣が、「県立総南博物館」という歴史博物館になっているらしいのです。
お城の情報はたぶん全く無かったと思うのですが・・・、
駐車場にVFRを停め、お土産屋の店先にある、
記念写真用の顔だけ開いている武者の絵を見たときに、
「本多忠勝っぽいな」と思って、そのあとポスターを見たら、
「本多忠勝十万石の町」と書いてありました。
本多忠勝といえば「蜻蛉切り」だな、と思いつつ(「信長の野望」知識f^^;)
進んでいくと、月曜日休館でした・・・(-_-;)
閉まってるものはしょうがないので「天守閣だけでも見るかな」と思って進みます。
すると、不思議なことに結構人がいたりしました。
で、こちらが再建された天守閣
先日の久留里城と違って結構立派だな〜、と。
再建が旧態に即しているかどうかは分かりませんが、
これが十万石と三万石の差か、と思ったり。
ところで本多氏は三代のみで、のち譜代大名がいろいろ入り、
1703年に松平氏が入ってからは9代続いて明治維新を迎えたとか。
家康の部将では随一とも言うべき武勇の持ち主なのに、
少し辺鄙なところに領地を与えられたものだな、
「走狗煮らる」か、とも思ったのですが、
そのあとも譜代大名が入っている事を見ると、
江戸にも近いしそうでもないのかな?とも。
3代で終わった理由は、外を見ただけでは分かりませんでした。
駐車場にお土産屋や茶屋があったので、
誘惑に負けて「もち入りぜんざい」を食べました。
こちらも量が少ない・・・もち入りじゃなかったら200円だったし、
もち入りは400円なので、このもちが200円かよ!と(^^;)
ま、なんだかぜんざいが結構前から微妙に・・・つまり凄く、ではないのですが
食べたかったのでまぁ満足です。

昨日見た天気予報によると、今日は曇りとの事で、
メインの予定としてはシーサイド展望ルートで、曇りだったら屋内を巡る、
成田山新勝寺とか国立民俗歴史博物館に行くかな、と思っていたのですが、
朝から少し雲はありますが天気は良さそうなので、
予定通りシーサイドラインを走ることにします。
最近あまり距離を走っていないので、少し走りたいな、と言う気分でもあります。
そうそう、走らないとパソコンのバッテリが充電できない、と言う件ですが、
先日からVFRを降りて観光しているときもインバーター付けっぱなしで充電しています。
どうなんでしょうね・・・VFRのバッテリにあまり良くなさそうなのは確かですが、
これまでさほど問題は起こっていません・・・
まぁバッテリは2004年夏に一回換えてあるし、
普段はポジショニングライトしかつけてないし大丈夫かな、とも・・・
微妙なところですが。

で、そこから海を目指して国道465号を走ります。
地図でみると「いすみ鉄道」と言うらしいですが、
そちらと何回も交差してそのたび踏切があるのは
少し走りにくかったかな、と。まぁ追い越し禁止で、
私の前をのんびり走るマツダのロードスターがいたので、
私もそのあとをのんびり・・・ゆっくりではなく走っていました。
途中、千葉銀行だったかな、私の好きな「タンタン」という児童文学のキャラクターを
ポスターに起用していて「おっ」と言う感じでした。
国道に出ると北上し、太東(たいとう)崎を目指します。
はっきりと海に突き出た岬の形は見えなかったので、
ナビにて灯台を見つけ、そこあたりで一番海に近い道路を目指して行って見ました。
すると駐車場があって、釣り人はいるものの、肝心の景色はあまりよく見えません。
それより波うち際のガードレールが錆びてボロボロだったのはビックリしました。
ガードレールって錆びる、と言うのは新発見ですね。
北へ、犬吠埼方面へ向かって歩道らしきものが延びているので、
歩いていってみたのですが、途中で波をかぶっているようなところで、
手すりも無く、傾いてもいますしコケも生えており、
ブーツですから転倒したら危ないなと思って(実際ちょっと滑ったので)
その先へ進むのは断念。ちなみにそこの景色はこちら
あの突き出たところが太東崎で、そこを抜けたら景色よくなったのかな?とも思いますが、
実際かなり危険な歩道だった、とも。普通に他の人はあの先まで歩いていくのでしょうか?

改めて「0円マップ」を見直してみると、
ここの紹介写真は、どうやら灯台のあたりで撮られているようなので、
高台にある灯台に行ってみることにしました。
案内はしっかり出ており、最後あたりには「恋のヴィーナス岬」とも(笑)
で、行って見たのですが、景色はあんまりよくなかったかなぁ、とも。
犬吠埼まで一望できる、らしいのですが私の目が悪いせいか良く分からないし、
それに一番高いところに上って犬吠埼方面見てみても、
手前に山があって、あまり美しい風景ではなかったと思います。
逆に、南側の展望が良かったかな?とも。
そんな凄くいいと言うわけではありませんが、
手前の遊水地でしょうか、鳥みたいに見えて面白かったです。
また、ここで凄いのが最初建てた灯台の敷地が海蝕により危険になったため、
100メートル後退させた現在地に建て直した、とあり、
海の力ってすごいんだなあ、と。
それと、ここのトイレ兼休憩所みたいなところ、
休憩所は壁があるわけではないのですが屋根があって、
昨晩キャンプ張ったところよりかなりマシそうでした(^^;)
あまり若者とかも来なそうだし、ここまで昨日来たら良かった!と言う感じでした。

それからまた北上して、有料道路の「九十九里道路」を走ってみました。
九十九里浜沿いを走る道路で一番海に近そうだったし、
また有料道路だと少し高めに作られているだろうから、
景色も見やすいかな、と思ってのことです。
料金所で「どこまで行ってきたの?」と聞かれましたが
質問の新パターンかも知れませんね(笑)
答えにくい質問なので、「鹿児島から来たんですけど」と答えました。
その九十九里道路は・・・うーん、やはり展望がすごく開けるところはあまりなし。
最初のうちは防風林かな?でほとんど何も見えず、
途中からだんだん海が見えるようになりましたが、
そういい景色と言うわけでも無かったです。
一台すごい車がいまして・・・・
だいたい追い抜きOKの対向二車線なのですが、
一箇所中央分離帯がある道路を、なぜかわざわざ対向車線に入って逆走。
幸い対向車がいなくて何事もありませんでしたが、
おばちゃんの運転する軽・・・とんでもない運転ですね。
で、有料区間が終わってしばらくすると工事中にて片側交互通行の箇所があったのですが、
おそらくこっちの方が向うの車より早く工事区間に差し掛かるな、と見えたところで、
こっちの誘導員が赤旗を振ります。で、私は停まる訳ですが、
向こう側の誘導員も車を停めて、こっちに白旗を振っている・・・
結局、こちら側が先に通ることになりましたが、
工事現場の交通誘導員、レベル低いなー、と思うことしばしばです。

そこを過ぎると道路自体が普通の道路に合流して区間終了なのですが、
終点の右手に駐車場らしきスペースがあったので、
九十九里浜が見られるかと思って寄ってみました。
海水浴客のためにか広大な駐車場と、何軒もの海の家。
海の家が建っていないところを通って砂浜に出てみましたが、
砂がキメの細かい、さらさらの良さそうな砂でした。
また人の足跡が結構あったので、それは残念だったのですが、
(まぁ私もその足跡をつける一人なわけですけど)
風紋でしょうか、砂の模様が結構きれいでした。
で、やはり日本三大砂丘の一つ、広い砂浜を通って波打ち際まで。
サーファーが少し見受けられる中、波と戯れたり。
広い砂浜だな〜、と改めて感動し、写真を撮って戻りました。
営業中の海の家もあったので、ご飯食べたいと言う誘惑に駆られたのですが、
それは何とか我慢して走り出します。

次行ったのは「伊能忠敬記念公園」です。
江戸時代に日本全土を測量した伊能忠敬の生まれた土地です。
私は最初からナビで検索していきましたが、少し入り組んだ分かりにくいところだったと思います。
着いてみると、これまたキャンプできそうな良さそうな公園(^^;)
出生の地の碑にも、その案内板にも「先生」と敬称してあり、尊敬されているんだな、と。
案内板を読んでビックリしたのですが、なんと51歳に息子に家督を譲って
江戸に出て暦学、数学、測地法を学び、測量に出発したのは55歳のときだとか。
うーん・・・60歳定年とか馬鹿らしくなる経歴ですね。
しかもその測量は、十七年間に十回、実に三千三百六十五日を費やしたそうで。
少年時代も、父親が婿養子だったところが母親が死んだため、
父親は実家に戻ったのに自分は残り、のち養子に行くなど複雑なもの。
ここは、その養子に行くまで十一年間を過ごした土地なんだそうです。
そんなに広くない公園でしたが先生の像があったので撮影。

そこからまた九十九里浜沿いを走る県道30号線を北上します。
途中、なんだかお腹が減ってきて悩んだ末にセブンイレブンで休憩。
ポテトとウインナーのチーズ焼きと言うのが美味しそうで買ってしまいました。
350円だったけど、量はあんまり多くない・・・
でも食べること我慢して旅しても楽しくないよね!と自分を誤魔化します(^^;)
休憩終わって走っていると議会議員選挙でもあるのか、
ポスターがたくさん張られた看板が出てきました。
走りながら様子を見ていると「旭市」とか書いてあるので、
「ああ、朝日が出るのが早いから旭市か、合併によるダメな市町村名の一つだな」と
思っていたのですが(「さくら市」とか言うのが一番評判悪いらしいですが)
あとからマップルとか見ると、昔からその名前らしいです(^^;)

そんなこんなで走っていると、この県道30号線(九十九里ビーチライン)が終わるところに、
展望公園がある、とだいたい0円マップで確認して走っていたのですが、
ナビでその30号線が終わりそうになって来た頃、右手に公園が見えたので入ってみました。
ここも芝生でトイレや水場も東屋もあってキャンプできそうなところでしたが、
とりあえずまだ日はすこし高いので見送ります。
0円マップで確認してみると、近くに24時間開放されている展望台があるとの事、
こちらは港が近くてあまり景色は見えなかったのでそちらにも行ってみました。
飯岡刑部岬展望台〜光と風〜、と言うところなのですが、
海に向かって右手に九十九里浜、左手に屏風ヶ浦から犬吠崎があるにもかかわらず、
展望台は九十九里浜の方向いて建っていました。
ちなみに、そこからの景色はこちら
展望台は24時間開放と言うより、ただのオープンスペースと言う感じ。
三階が展望台、二階に展示室、一階に事務室やトイレ、と言った感じで、
横から見たら上が狭い台形みたいな建物でした。
で、ここでも十分テント張れそうな芝生のスペースがあったり、
建物の屋根の下で寝袋だけでも寝られそうでしたが、
展示室は本日休館で、また明朝9時からと言うことで、
それまでに退去しないとやばそうな感じ。
それにこっちの方がさっきの公園より夜も人が来るかも、と言う感じもあって、
さっきの公園をまた良く見てから決めることにします。
そうそう、展望台の右手に何か石像があったので行ってみました。
これなんですけどどうでしょう、何か分かるでしょうか?
分かる人は下の文字で分かると思いますが、より分かりやすいのはこちら
そう、「あしたのジョー」の矢吹丈と力石徹、ですね。
力石は結構感じ出てますが、ジョーはあんまり似てませんね。
特に説明板とかなかったものの、そういうことらしいです。

で、下の公園に来て見てみると、こっちの方が良さそうです。
しかしまだ明るいと言うこともあり、人がまだ結構います。
今日は少し寒かったので(東京で初雪とか)、0円マップで近くに温泉発見したこともあり、
お風呂入って買い物してまた来たらちょうどいいくらいだな!と決めました。
載っていたお風呂は「飯岡町保健福祉センター」と言うところ。
国道沿いということしか分かりませんでしたが、
国道走っていると「旧役場」(合併したのでしょう)みたいな標識が出てきたので、
行って見ると施設はビンゴ!でした。
しかし、そこにいたおっさんに「ここってお風呂入れるんですか?」と聞いてみると、
「月曜日と祭日は休み」とのことでした・・・
しょうがないので今度は買い物へ。
国道は中央分離帯があり、さっきと同じ方向にしかいけなかったので、
公園とは離れる方向へ進みます。しばらくするとジャスコの看板がありましたが、
それより前にベイシアがあったのでベイシアでお買い物。
カインズホームと一緒になったところでした。
ガスボンベが残り心もとないので、他社製でも買おうと思ったのですが、
安すぎるものしかなかったので、少し不安になってパス。
インスタントラーメン五個パックともやし、今日のおかずに刺身の切り落とし、
明日の朝ごはんにパンと魚肉ソーセージ、それにみかんとリップクリームを買いました。

戻ってくると、前と似たような写真ですが、
金星と、空の青と赤の対比がよくまたもや感動。
しかし、公園は予想外に明かりが多くて明るく、
テントを張ると結構人目につきそうです。
それでまた少し探して、特に道端(=巡回するパト)から見えない所を探しました。
で、公園にバイク乗り入れて見つけた場所近くに停めたら立ちゴケ(-_-;)
荷物を全部積んだままではさすがに起こせないので、
RSタイチのバッグをはずしてから起こします。
どうやら考えてみると、下が砂地でスタンドがめり込んでしまったようです。
一回、少し不安定かなと思って停めなおしたんですが・・・
まぁ幸い砂地だったので、そんな被害は無かったと思います。
倒れかけるときに支えようとしてナビを取り付けてるステーに手が行ったら
(ハンドルを取り損ねたので)曲がってしまいましたが、
幸い手で戻せるもので、折れもしませんでした。
それに左への立ちゴケ、この旅の間でも三回目だし・・・
心のダメージはともかくとして。
VFRはどうしようかな、と思ったものの、結局テントとは少し離れるのですが、
舗装がしてある歩道に停めなおしました。
近くに子供用の遊具があって、夜九時ごろ若者が来たものの特に何もなし。
波が打ち寄せる音が結構しますが・・・
エッジの電波が弱く、今日もアップロードできませんでした。
二日連続なので、明日は街でアップロードしようかと思います。
途中で睡眠の誘惑に駆られましたが、何とか書き上げた今日の日記でした。

本日の走行距離

118.2km

本日の宿

いいおかみなと公園

本日の家計簿

道の駅たけゆらの里おおたきとろろうどん600円
大多喜城駐車場茶屋もち入りぜんざい400円
九十九里道路通行料200円
セブンイレブンご飯644円
カインズホーム食料、リップクリーム1,395円


12/11へ戻る 目次へ戻る 12/13へ進む