12/7(水)

行程

スカイコート浅草YGH〜富津岬〜道の駅ふれあいパーク・きみつ

朝は一回7時半くらいに目が覚めましたが、
二度寝をしてしまって再び起きたのは9時半くらいでした。
10時チェックアウトなので、時間を気にしながら服を着替えて準備をし、
それでも少し余裕あったのでお茶を飲んでからチェックアウト。
パソコン等を部屋に持っていっていたので、それらを積んでいるときに、
ナビのルートのログデータが結構一杯だったかな?と。
見ると78%になっており、今日の走行距離によっては一杯になるかなとも思って、
パソコンにルートのログデータを取り込みます。
昨日の酒はほとんど残っていなかったのですが、
少し喉が渇いていたので、YGHの対角にあるローソンにて、
アクエリアスとクロワッサンサンドを買って朝食にします。
考えてみれば、長野にいる間はさておき、
秋田から青森に移動した11/8以来、ずっと寒い日続きで、
冷たい飲み物を買ったと言うのもそれ以来かな?とも。
食べ終わってから出発します。

これからしばらく房総半島を走りたいと思っており、
とりあえず今日はその房総半島の中心辺りにある「稲ヶ崎キャンプ場」が目的地。
他のキャンプ場はツーリングマップルに載っている所は二箇所しかない上に料金千円オーバー、
0円マップでもいまどきやっているところはここしかなかったのです。
とりあえず、千葉の海岸線を走るつもりで、国道6号を南下してから国道14号を東進。
途中、荒川の上ででしょうか、目の前を右から左へ首都高が走っており、
天を走っている道のようですこし感動。
それからまた有料道路である「京葉道路」へと入ってしまったようでしたが、
すぐ降りたら料金は払わずに済みました。

千葉と言うと個人的には「幕張サボテンキャンパス」(略称サボキャン)。
「ササキ様に願いを」でも知られる漫画家、みずしな孝之氏の千葉を舞台にした4コママンガです。
登場人物が千葉の地名を苗字に持っており、最初のページでは千葉の名所が紹介されていると言う・・・
今にして思えばその紹介されている名所をあらかじめ網羅しておきたかったな、とも思いますが、
マンガは手元に無く、鹿児島の実家にあるので無理ですね。
船橋は「市立船橋の?(高校サッカーで有名な、今年は出られなかったのかな?)」とか思い、
習志野は(習志野ナンバーの車に山梨で話しかけられたこともあり)東京からだと千葉の手前なのは意外だったり、
その習志野市内の津田沼は、サボキャンのメインキャラの一人の苗字。
地名にいちいち反応しながら進んでいたわけですが、
今日の地名で記憶に残るベストと言ったら「花見川」。
そういう川が出てきて、やっぱり桜の名所とかあるのかな?と思ったり。
ところでそこあたりでえらい渋滞し始めました。
渋滞と言うかもう全く進まず、と言う感じでした。
あまりにも進まないので、私は途中で脇道から国道に並行する道路へ抜けましたが、
その道はまた同じ国道へと合流。それでもだいぶ先へ進めたようでした。
で、ちょっと行くと警察が事故か事故の実況見分で片側二車線道路を一車線ふさいでおり、
そのせいで渋滞していたようでした。
そこを抜けたら快走できるようになりました。
木更津には「キャッツアイの?」とか思ったり。
そういえば「ジェフユナイテッド市原」が「千葉」に変わるとき、
市原市の位置を調べたことがありますが、どうしてわざわざこんな場所にチーム作るのか、と。
プロのチームと言うのはチケット販売が主な収入源のはずですから、
当然周辺人口が多いに越したことは無いと思われ、
ジェフはこれまで市原市で試合してたのか、それでやってゆけたのか、
私はあまりJリーグは詳しくありませんが、疑問に思ったことがあります。

それはさておき、ここらあたりでむかつく車がいました。
私が左車線を普通に走っていると、こっちがブレーキ掛けないといけないくらいのタイミングで、
私の前に右車線から入ってくる車・・・
何でそんなタイミングで入ってこないといけないのかホントにムカ。
まぁ今は私も荷物満載でそんな機動力あるわけではないのですが、
普通に荷物なしで走っているときに目の前に入ってこられると、
「どうせお前は俺より遅く走るんだから前じゃなくて後ろへ入れ!」と思ったものです。
車間距離をちゃんと取っていると、車入って来やすいんでしょうね。
スパシオかファンカーゴだったかな・・・
しばらく同じ道をずーっと走っていて、離れるときも近づくときもありましたが、
その車が私のちょうど後ろで信号待ちになったことがあって、
40くらいのデブオヤジでしたが、なんかニヤついているので更にムカ(笑)
そのうち私が青信号抜けて、向うが赤信号で停まったと言うことがあって、
それで見納め、でした。
後ろにURL書いてあるし、分かる人は来るだろうけど・・・
こっちはちゃんと難癖付けられても反論できる運転してるし。
でもちょっとむかつく回数が多いかもしれないと言う自覚はあり(^^;)

今日はお昼はうどんがいいなぁ、と思っていたものの、
ラーメン屋ばかりでうどん屋は見当たらず、
しょうがないので木更津市に入ってから、セブンイレブンで食事休憩。
マンガを読んでいると、若いお兄さんに「日本一週中ですか?」と話しかけられました。
こういっては年配の方に失礼ですが、やっぱり同世代の人と話すのが一番いいです。
VFRをある程度見てこられたようで、「URLはホームページの?」と聞かれ、
「そうです」と言うと「後から見ますね」といわれましたが、
さて、訪問されたのかな?(笑)

そこで地図を見直してみると、西に富津岬と言う形のきれいな岬があったので、
行って見ることにしました。
途中で「新日鉄君津」がありますが、福岡ソフトバンクホークスの松中信彦選手が、
たしかここの出身じゃなかったかな?と。
そうこうしている内に、松林の中を抜け、岬の先に着きます。
岬にはえらく立派な展望台があります。
周りには砂浜もあり、場所が場所だけにごみも多かったですが、
なぜか砂の中に貝が一杯混じっていました。
今日は天気もよく、空も青くて東京湾の工業地帯が一望でき、
人工のものですから、景色がいいとはまたちょっと違う気もしますが、
ここあたりにもこういうところがあるんだ、と感動。
それから展望台に登ってみました。
展望台から見た富津岬の様子
つまり陸地側を見ているわけで、両側が海できれいな海岸線が伸びている・・・
砂嘴ですが、ホントに形のきれいなところでした。
ちなみに海側の様子も撮ったのですが、ホントに海しか写っていませんでした(^^;)
東京湾アクアブリッジとかちゃんと写せばよかったかな。
展望台から降りてくると、パラグライダー+推進用ファン、見たいな
変な(笑)乗り物?が空を飛んでいました。

松林の中を引き返していくと、ランニングをしている集団とすれ違いました。
胸に「神奈川大」と書いてありましたが、箱根駅伝に向けての合宿かな?
それからどれだけ時間かかるのか知りたくもあったので、
「稲ヶ崎キャンプ場」をナビにて検索してみました。
すると約50分程度。そんなに遠くは無いようです。
せっかくなのでそのままナビにしたがって走ります。
道は車の離合も出来ないようなところが多くありました。
カーブを明らかにセンターラインをはみ出して曲がってくる観光バスがいて、
それはもちろん道が狭くてそうしないと曲がれないのでしょうが、
私がカーブの手前でバスが曲がりきるのを待っていても、
バスの若い運転手、こっちを見ないしお礼の合図一つもなしでまたムカ(笑)
こっちがそのまま停まらないで走ってたら事故になってるし、
そうなると過失割合はセンターラインはみ出してるお前の方が大きいんだぞ!と。
ま・・・下手すれば私も命が無いでしょうがね(^^;)
それはさておき、途中、「マザー牧場」への案内が多くあります。
「マザー牧場」と言うと、「幕張サボテンキャンパス」によると、
創立者の家はかつてとても貧しく、
母親が「一頭の牛でもいると暮らしが楽になるのにねぇ」と口癖のように言っていたのを
創立者は忘れず、牧場を作ったときにそれを偲んで「マザー牧場」としたんだとか。
やっぱ、サボキャン読み返してから千葉に来た方が良かったかもしれない・・・(^^;)

そんなこんなで道が分かりづらく、またナビに入っていない新しい道もあったりで、
すこし迷ったりもしつつキャンプ場に着きました。午後四時くらいでした。
で・・・管理棟に行って「キャンプしたい」旨告げると、ここは予約がないと駄目だとのこと。
それは0円マップにも書いてあって、ちゃんと昨日TELしたのですが、つながらなかったのです。
それを言うと「昨日は休みだった」と。
で、「休みで予約受けられないのに、予約が必要だといわれても困る」と。
「私も遠いところから縁あって来たんだし、なんとか」と言おうとしたのですが、
「そんなことは関係ない」とにべも無い返事。関係ないといわれればそれは確かにそうですが(笑)
キャンプを断られたことは前にも松島でありますが、
ここの管理のジジイは松島の管理人さんとは違ってえらい高圧的な態度。
で、私もムカついてきて「予約が」というジジイに「昨日電話したって言ってるだろ!」というと、
窓をピシャッ!と閉められてしまいました。
ここをしばらくベースキャンプにしようと思っていたのですがしょうがない・・・
だいたい利用者なんか全くいるわけじゃないのに、どうして予約が必要なんだか。
警備会社がどうのこうの言っていて、詳しいことは分かりませんが、
ちょっと融通をきかせてくれてもいいんじゃないかな・・・というのは実感。
ま、私も予約が必要というのは知っていたんだし、
昨日つながらなかったのは事実ですが、今日の朝でもすればまた違ったのかな?とも。
行けば何とかなるさ、という甘い考えがあったのは事実ですね。
というか、これまでキャンプ場の予約のTELなんかしたことないし(宿は除く)。
さすが、首都圏のキャンプ場、なのかも知れません。

しょうがないのであたりを少し走り、
またナビにてすぐ近くのキャンプ場を検索して行ってみると、こちらは既に閉鎖。
駐車場とかに張るかな?とも思ったものの、近くにコンビニはなさそうだし、
食事を作るためには水場は必須です。
ちなみに走っているときれいな渓谷がありましたが、
あんまり写真とか撮る気分でもなかったので・・・(笑)
近くに駅があったので「駅寝かな〜?」と思っていってみるも、
ちゃんと駅員さんはいるし、ここが終点の駅のようで、
また終電は20:44でした。駅で寝るのは無理そうなので、道の駅に行って見ます。
途中、湖のそばに立派な公園があり、「どうかな?」と思っていってみるも、
「利用上の注意」みたいな看板に「野営禁止」の文字。
別の公園でも同じ看板があったので、ここあたりは全てそうなのでしょう。
してたって誰にも分からなさそうなところでしたが、
禁止と書いてあるのを知っててやるのもまた違うので・・・
で、ナビに案内させて道の駅まで行って見ると、
幸い結構立派なところで、脇にちゃんと緑地もあるのでここに決定。
すこし久しぶりのテントですね。
近くにコンビニがありましたが、節約のため自炊しました。

ああ・・・むかつくことの多い日だったけど、
むかつきすぎだな・・・カルシウムが足らないのかもしれない(笑)

本日の走行距離

161.6km

本日の宿

道の駅ふれあいパーク・きみつ

本日の家計簿

ローソン朝食377円
セブンイレブン昼食450円
駅前の自販機コーヒー120円


12/6へ戻る 目次へ戻る 12/8へ進む