8/7(日)

行程

道の駅ふたつい〜ねぶたまつりサマーキャンプ場〜船の博物館〜ねぶたまつり〜キャンプ場

朝は早く目が覚めました。東北四大まつりツアーの最後、青森ねぶた祭りを観るために出発します。
事前の調査で、ねぶたまつりの会場近くに特設キャンプ場が設置されているとのことなのでそこを目指します。

昨晩、秋田から結構走ったこともあり、そう距離はなかったので結構早めについたのですが、
着いてみてびっくり!すごい数の人とバイクです。
四輪車は駐車禁止ということだったので、そのせいもあるのでしょうが、それにしても多い。
このツーリングですれ違ったライダーよりも数が多いような気がしました。
さすがに戸惑って、どうしようかなと思ったものの他に当てもなし、まだ朝早くでしたが、
今日の目的地はここなので、ここにキャンプすることにします。
さいわい、まつりは今日が最終日なので人は減っているようで、空いてる場所がありました。

テントを張り終わると何もすることもなし、
市街地からキャンプ場まではすぐでしたが、キャンプ場からは徒歩なので(ビール呑みたかったのでf^^;)
どれだけ時間掛かるかわからないので早めに歩いていくことにしました。

途中に、くるときにも目をつけていたのですが「船の博物館」という施設があり、
何が目立つかって外部にYS-11が展示してあるのです。
(もっとも私は航空機に関してそうマニアではないので、見ただけではわかりませんが)
開館も早く、もうやっていたので時間つぶしに見ることにしました。
内部は主に青森地方の漁船のコレクションの展示になっていました。
漁船等、あまり見て面白いものでもないかとも思いますが、
先に書いたYS-11(船ではありませんが)はじめ、北欧のバイキング船やさまざまなヨットが展示してあったり、
外にプールがあってボートこぐことが出来たり、船のエンジンやその他装備の展示も豊富で、なかなか見所多い場所でした。
もっとも、すべて堪能する前に時間が2時間ほど経って11時くらいになったのでねぶたのために外に出ましたが。

途中で青森ベイブリッジというところを通るのですが、そこから倉庫に収まったねぶたが見えてきます。
その倉庫群の隣に観光物産館見たいなところがあり、さすがに多くの人がいました。
そこで早速ビール呑みつつ、まつりがどこで行われるかわからなかったので周囲の人の様子を伺ってみますが、
一定の人の流れと言うものがありません。そこで先ほど見えた倉庫の方行って、
「これが運行するんだからここにいればわかるだろう」とねぶたの写真を撮っていました。
確かに壮麗なものがあり、三国志等の中国や戦国時代の日本の歴史を題材に採ると言うのも私の趣味に合うのですが。
ただひとつ残念なのは個人的に青森と言うと「三日月の丸くなるまで南部領」と言う言葉が思い浮かびます。
「信長の野望」知識ですが(^^;)
そういう郷土の題材をとらず、川中島の三太刀七太刀が題材にとられているのはちょっと違うような、とも思ったりもしました。
まぁ、過去にあったのかもしれませんけれども・・・それはそうと私の知らない情景とかも当然あるのですが、
倉庫の横にその題材の由来がA4程度の紙にですがちゃんと書かれており、興味深かったことでした。

そうこうしているうちに、ねぶたがいくつか倉庫から出始めました。
いよいよ始まるようですが、「これについていけば間違いなかろう」とついて行きます。
途中、道路の信号とかを(豪雪地帯なので信号は縦になってます)避けるのはなかなか手馴れたものでした。
で、まつり囃子はスタートしたのですが、うわさのハネトなる人たちがおらず、
結構みんなだらだら歩いてるだけのような気がします(^^;)
で、そんなもの観ててもしょうがないので、運行ルートらしい人がいるところをずっと歩いていくと、
先頭らしいところに行き当たりました。普通に盆踊りみたいなのを踊ってます。
それからお決まりのミスねぶたの登場。そう美人に見えないというのもお決まりかもしれません(^^;)
それからしばらく観ていると、やってきました、ハネている人たち
写真じゃ分かりづらいかもしれませんが・・・すごく楽しそう&疲れそう、でした。

関係ありませんが、ここで場違いな人たちがいました。
西日本(境はいまいち不明ですが・・・)の方は経験なければご存じないと思いますが、
東日本ではこういう半ば右翼のようなキリスト教の文句を見かけます(看板が張ってある)。
2004夏に諏訪湖で花火を見ていたときには、街宣車まででていて、同じようなことをがなりたてていました。

それはさておき・・・観終わると、先ほどの物産館で絵葉書が売っていたので、
夕食用の「ねぶた弁当」なるものも同時に買い、キャンプ場まで帰る途中で
先ほど時間の余裕がなかったYS-11の機内見学をしました。
帰ってからは、絵葉書を書いてたりでした。花火も夜やっていましたが、キャンプ場からも見えたものの、
ちょっと遠いようで、迫力はなかったですね。

本日の走行距離

125.5km

本日の宿

ねぶたまつりサマーキャンプ場 (バイクと人の様子)

本日の家計簿

自販機 ジュース 120円x2
船の博物館 入館料 200円
出店 生ビール 400円
ヤマサキデイリーストア(ねぶた運行ルート沿い)
食べ物とアルコール 635円 540円
出張郵便局 絵葉書 350円
ねぶた弁当 1000円
マエダストア ウーロン茶 100円


8/06へ戻る 目次へ戻る 8/8へ進む